« 10月31日(月) 仮装して 歩く楽しみ ハロウィンの 人らに宿るは 変身願望? | トップページ | 11月2日(水) 瀬戸芸の フィナーレ前に 伊吹島… 訪れ見たるは イリコ三脚(入込客)よ »

11月1日(火) ミャンマーの 未来拓くは スーチーさん 政権を得て 初の来日

 ミャンマーにおける実質的な最高指導者、アウン・サン・スーチー国家顧問兼外相が、今日から5日間の日程で来日。この間に、安倍首相や国会議員、経済界などと交流すると同時に、かつて客員研究員として在籍した京都大学の訪問も予定しているそうである。

Mx4500fn_20161104_185544_004

 少し前に、スー・チー氏は、中国も訪問し、大規模な援助の約束を取り付けたそうだが、今回の日本訪問でも、政府からの多額の援助とともに、日本企業の投資も呼び込んで、ミャンマーの経済発展に結びつけていきたいという思惑であろう。新政権にとっては、幅広い国民からの支持こそが最重要であり、その支持を得るためには、経済発展の実感を国民に与えることが最優先課題になっているということだと思う。
 安倍政権は、スー・チー政権を、積極的に支える構えであり、友好的な雰囲気の中に、一定の成果を生み出す訪問となるだろうと思う。
 それにしても、ミャンマーも、今後は、中国と西側諸国との狭間にある国として、外交的に苦しむ場面に数多く遭遇することになるのだろうと思う。
 これまでの長い軍政時代を耐えてきたスー・チー氏であるだけに、十分な忍耐心を備えていると思うが、それに加えて、並外れた外交的手腕も求められるだろう。今後のご活躍を期待したいと思う。

|

« 10月31日(月) 仮装して 歩く楽しみ ハロウィンの 人らに宿るは 変身願望? | トップページ | 11月2日(水) 瀬戸芸の フィナーレ前に 伊吹島… 訪れ見たるは イリコ三脚(入込客)よ »