« 12月11日(日) 人生は 百年時代と グラットンさん 人生変われば 社会も変わると | トップページ | 12月13日(火) アレルギーなど 育児疲れの 母親が 致死量ミルクを 飲ませ逮捕と… »

12月12日(月) 辺野古での 国側勝訴 確定に まだ手があると 沖縄県知事

 米軍普天間飛行場を名護市の辺野古に移設するため、辺野古海岸部の埋め立てを前知事が承認したことに対して、それを取り消したのは違法だと、現在の翁長雄志知事を国が訴えていた違法確認訴訟において、最高裁第2小法廷は、結論の見直しに必要な口頭弁論を開かずに判決日を指定した。これは、翁長知事の対応を違法とした福岡高裁那覇支部の判決が維持されることを意味していて、国の勝訴が確実になった。

Mx4500fn_20161215_155410_003

 これに対して、翁長知事は、徹底抗戦の構えを崩してはいない。この裁判で敗れたとしても、県知事として持っている様々な権限を縦横無尽に駆使して、工事を妨害する構えである。確かに、県知事には様々な権限が付与されている。それらを次々に繰り出してくれば、多少の時間稼ぎは可能かもしれない。しかし、時間を延ばせば延ばすほど、普天間飛行場の危険は除去されないまま残されてしまう。さらに、工事費も大きく膨らんでいくことだろう。
 それが妥当な判断なのか否か、今後、政治家としての県知事の見識が問われることになるだろう。

|

« 12月11日(日) 人生は 百年時代と グラットンさん 人生変われば 社会も変わると | トップページ | 12月13日(火) アレルギーなど 育児疲れの 母親が 致死量ミルクを 飲ませ逮捕と… »