« 12月18日(日) 年の瀬の 慌しさに 切羽詰まって 勉強会を 中止にしたよ | トップページ | 12月20日(火) ベルリンじゃ トラックのテロ トルコでは ロシア大使の 暗殺事件! »

12月19日(月) 科学とか 技術だとかは 客観的に 評価できると 思っていたが…

Mx4500fn_20161230_114520_002

 今日のニュースでは、二つのことが大きく取り上げられていた。その一つは、垂直離発着機・オスプレイが、沖縄で飛行を再開したというニュース。オスプレイは、少し前に不時着事故を起こし、その後の運用が停止されていたものである。その飛行再開に対して、まだ十分に事故原因が調査されていない状態での飛行再開は言語道断と、沖縄の政治家たちは批判している。
 もう一つは、高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉内定のニュースである。エネルギー資源の乏しい日本が、ウラン燃料を有効に活用する「核燃料サイクル」を実現するための原子炉として研究開発を進めてきたものであるが、もうすでに完成から20年余を経ていて旧式化している上に、事故が相次いで、運転再開のメドも立たないことから、十分な研究成果を達成できないままに廃炉を決定したものである。
 この二つのニュースを聞きながら、気がかりだったのは、あまりにも感覚的な議論が横行していることであった。安全性の議論とは、基本的には、もっと客観的なものに基づいて、論理的に積み上げてなされるべきものだと私は思うのであるが…。

|

« 12月18日(日) 年の瀬の 慌しさに 切羽詰まって 勉強会を 中止にしたよ | トップページ | 12月20日(火) ベルリンじゃ トラックのテロ トルコでは ロシア大使の 暗殺事件! »