« 1月22日(日) 帰り途 乗り換え駅の 小田原で しばし散策 歴史を偲ぶ | トップページ | 1月24日(火) アメリカが TPPから 永久離脱? 日本は雪で 車動かず! »

1月23日(月) 天皇の 退位について 論点整理! 国体背負える 苦労を思う

 政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が、この日首相官邸で開いた第9回会合で論点整理を行い、それを安倍総理に提出した。安倍総理は、これを24日に、衆参両院の正副議長に提示し、いよいよ国会での議論が始まることとなる。

Mx4500fn_20170128_113246_002

 今回の議論は、今上天皇が、昨年夏に自ら退位の意向を示されたことから、それにいかに対応すべきかと始まったものである。天皇制は、日本の歴史が始まって以来、その国体の中心に位置してきたものであり、第二次世界大戦後においても、国の象徴とされた。それだけに、天皇自らに進退を決定する権限はないとされている。
 今、時代の変化に伴って、憲法改正の議論が活発化しつつあるが、日本人の意識の中では、天皇の存在は、憲法などにも優越するものと考えられているのではないだろうか。そのような存在を、法律においていかに取り扱うことができるのか、これは容易な議論ではないと思う。そしてそれ以上に、そのような重い荷物を背負い続けてこられた天皇陛下のこれまでのご労苦にも思いを巡らせたのであった。

|

« 1月22日(日) 帰り途 乗り換え駅の 小田原で しばし散策 歴史を偲ぶ | トップページ | 1月24日(火) アメリカが TPPから 永久離脱? 日本は雪で 車動かず! »