« 2月2日(木) アメリカ動く イギリス動く 日本も 手探りながら 動き始めた… | トップページ | 2月4日(土) トランプの 大統領令 差し止める! こんな手あったか? 米国司法 »

2月3日(金) 尖閣は 日米安保の 対象と 初来日の 国防長官

 アメリカのマティス国防長官が、トランプ新政権の閣僚として、初めて来日。安倍総理と首相官邸で会談し、岸田外務大臣や菅官房長官とも懇談。
 その中で、国防長官は、沖縄県の尖閣諸島が日米安保条約第5条の適用対象と明言をし、さらに、東アジア情勢に関して意見交換を行い、北朝鮮の核・ミサイル開発は断じて容認しない方針や米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設が唯一の解決策であることの確認等を行ったという。さらに、トランプ大統領が主張してきた米軍駐留経費の増額問題についても、日本はむしろモデルであると発言し、今回は増額要求が出されなかったという。

Mx4500fn_20170209_230905_002

 日本のメディアは、新政権においても、日米間での軍事協力について、その基本方針が維持されることに、概ね好意的な報道を行っている。しかし今回の会談は、日米首脳会談を前にした露払い的な会談であり、トランプ大統領の性格を考えれば、本格的な話し合いは、おそらく両首脳の間で行われることとなるだろう。安倍総理には、まだしばらくは気の休まらない日が続くこととなりそうだ。

|

« 2月2日(木) アメリカ動く イギリス動く 日本も 手探りながら 動き始めた… | トップページ | 2月4日(土) トランプの 大統領令 差し止める! こんな手あったか? 米国司法 »