« 3月15日(水) ただでさえ 業火の中の 防衛省 そこに加わる 新たな火種 | トップページ | 3月17日(金) 福島の 原発事故の 責任は 国・東電に ありと判決! »

3月16日(木) アメリカの 政権交代 2ヶ月経って 初来日の 国務長官

 アメリカのティラーソン国務長官が来日。安倍総理と会談を行い、このしばらく核兵器やミサイルの開発を進め、それを誇示する北朝鮮に対して、日米が力を合わせて圧力を強めることを確認すると同時に、中国が海洋進出を強めていることについて、その懸念を共有することで一致した。ティラーソン国務長官は、この後、韓国、中国を訪問する予定で、トランプ政権発足後約2か月を過ぎ、アメリカの東アジア外交が本格的にスタートしたと言えそうだ。

Mx4500fn_20170328_133739_001

 トランプ大統領は、アメリカの外交政策について、大統領選挙中、そして就任後も、かなり過激な発言を続けている。これをトランプ流の巧みな交渉術と評価する人もいるが、外交の場合は、この交渉におけるボタンのかけ違いが、とんでもない結果を導き出すこともある。それだけに、外交を担う国務長官の双肩に、そのギャップを埋める重責がかかっていくことになるだろうと思う。ティラーソン国務長官は、国際ビジネスマンとして交渉事には長けている人なのだそうだが、世界が必要以上に不安定にならないよう、その手腕の発揮を期待したいと思う。

|

« 3月15日(水) ただでさえ 業火の中の 防衛省 そこに加わる 新たな火種 | トップページ | 3月17日(金) 福島の 原発事故の 責任は 国・東電に ありと判決! »