« 4月13日(木) 注目の 米ロ外相 会談は 歩み寄りなく 違い際立つ | トップページ | 4月15日(土) 積み上がる 北東アジアの 混迷は 新時代への 文明衝突! »

4月14日(金) まだ一年か… 熊本県の 震災も はるか彼方の ことと思えり

Mx4500fn_20170415_144814_002

 昨年、熊本県を中心に甚大な被害をもたらした「熊本地震」発生から、今日で丸1年。この地震は、震度7の強い地震を 2度記録し、さらに長期にわたって余震が続き、約19万戸に及ぶ家屋損壊を生み出した。今もまだ、数多くの避難住民が、仮設住宅などで暮らしているという。地震災害がいかに多くの人たちに大きな影響を及ぼすものであるか、先の「阪神淡路大震災」や「東日本大震災」などと合わせて、考えさせられるものがある。
 しかし、同時に、熊本地震では、被災者にはお叱りを受けるかもしれないが、不思議と暗さをあまり感じない。その理由の1つには、「くまモン」の存在もあるだろう。震災後も各地に出かけて行って、復興の理解と支援を呼びかけた。それに対して、多くの人が笑顔でその協力をしてきたのではなかったか。または熊本市出身の歌手・水前寺清子の存在もあるだろう。「365歩のマーチ」の歌声も、大きな力になったと思う。さらには、蒲島知事の存在も大きい。熊本県のお父さんといった風貌で、常に前向きに、そして着実に対応を進めてこられた。
 災害は忘れてはならないが、同時に辛いことを忘れて前に向けて進むことも大事だと思う…。

|

« 4月13日(木) 注目の 米ロ外相 会談は 歩み寄りなく 違い際立つ | トップページ | 4月15日(土) 積み上がる 北東アジアの 混迷は 新時代への 文明衝突! »