« 3月29日(水) メイ首相 EU離脱を 通知せり 心は迷夢か 明鏡止水か | トップページ | 3月31日(金) 年度末 終わり良ければ 全て良し・・・ そうは問屋が おろしてくれぬ・・・ »

3月30日(木) 東芝の 分社化承認 ウェスティング ハウス破綻が 広げる波紋!

Mx4500fn_20170404_231954_003

 この3月期連結決算で最終利益の赤字額が1兆円を超える可能性があると報じられている東芝が、この日臨時株主総会を開いて、 4月1日に新会社「東芝メモリ」を設立し、その株式の過半を売却して、その資金で赤字を埋め合わせ、会社の財務基盤の立て直しを急ぐ方針を示し、この事業分社化についての承認を得たということである。
 この巨額赤字の原因となったアメリカのウェスチングハウス社は、前日にアメリカ連邦破産法第11章の適用を申請しており、この整理に伴い、東芝はさらに赤字を抱え込むこととなる。このままでは、大幅な債務超過に陥る可能性が高く、生き残りのために取り得る手段は、このメモリ事業の分離と株式売却以外になかったものと思われる。
 ウェスチングハウス社といえば、操業が1886年の名門企業。原子力関連企業として世界有数の企業であった。それだけに、その破綻は親会社である東芝に大きな打撃となった。またあまり報じられてはいないが、おそらくは、かなり多くの企業の経営に影響を及ぼしているのではないだろうか。まだまだこれから波紋が広がる可能性があるとみなくてはならないと思う。

|

« 3月29日(水) メイ首相 EU離脱を 通知せり 心は迷夢か 明鏡止水か | トップページ | 3月31日(金) 年度末 終わり良ければ 全て良し・・・ そうは問屋が おろしてくれぬ・・・ »