« 4月1日(土) ドラマだね 時改まる 新年度 羽生結弦の 逆転優勝! | トップページ | 4月3日(月) 韓国の 大統領選 候補者が 揃ってきたね 青瓦台杯 »

4月2日(日) ラッセルが 幸福の道を 示せしは 内なる統一 外なる調和

 「人間哲理研究会」の日。先週の日曜日開催予定であったが、九州キャラバンから戻ってきたばかりで、疲れが残っている上に花粉症の症状がひどかったので、延期して、今日その時のテーマで開催したのであった。そのテーマというのは、バートランド・ラッセルの『幸福論』であった。
 ラッセルは、よく「20世紀最高の知性」と呼ばれることがあるが、哲学・数学・科学・道徳・教育・歴史・宗教・政治などの幅広い分野にわたって、その研究を展開し、生涯に100冊近くの本を出したそうである。そのような知的哲人が「幸福」についてどのような考え方を示しているのかという点に強い関心を抱いて、語り合ったのであった。


Mx4500fn_20170409_110555_002

 ラッセルは、物質的な問題や環境的な問題はもちろん幸福の実現の上に大切なことではあるが、それ以上に自分の心の有り様が大切であり、自分の関心を自分自身に向けず、自分の外のことに強い関心を持って立ち向かっているときに、人は「幸せになる可能性」を持ちうるのだと論じ、そのための基本的な考え方を示していた。
 これは、幸福について考える上で、頭の整理を行うために有意義な本ではないかと思った。

|

« 4月1日(土) ドラマだね 時改まる 新年度 羽生結弦の 逆転優勝! | トップページ | 4月3日(月) 韓国の 大統領選 候補者が 揃ってきたね 青瓦台杯 »