« 4月25日(火) 真宗の 僧侶に残業 手当てだと… これじゃ勝てぬわ 物質界に… | トップページ | 4月27日(木) 70年 微動だにせぬ 国境線 それでもたゆまず 交渉継続!  »

4月26日(水) 今の世は メッキが大事 地金より 表面だけの 傷が問題?

Mx4500fn_20170501_182122_004

 今村雅弘・復興大臣が、前日の二会派パーティーでの「東日本大震災の被害が、まだ東北の方で良かった」という失言の責任を取るとして、辞任。新聞紙面を見ると、被災地住民の「被災者を馬鹿にしていて絶対に許せない」だとか「東北で良かったという発言には傷ついた」などという言葉が紹介されていた。確かに、この大臣の発言が不適切であったのは事実であろう。しかし、私自身、今村代議士の人柄などを知る人間として言うならば、彼は人柄の良い人であり、被災地の人達を馬鹿にしたり、傷つけたりしようと思ってこんなことを語る人ではありえない。ある新聞では、「暴言」という表現を使っていたが、この言葉の意味は、「継続的に相手を傷つける意図で投げつけられる言葉の暴力」と辞書では紹介されており、このような新聞の言葉遣いも、不適切なものだと言わざるを得ない。
 結局は、言葉遣いの不注意をことさら大げさに取り上げて、勝手に悪意に基づいて想像力を大きく膨らませ、今村大臣を徹底的に叩いたということではないか。例えて言えば、メッキの一部が剥げたことで、その地金全体までも否定しているようなことである。とはいっても、これが今の時代の世相であるには違いない。情けないことだと思えてならなかった。

|

« 4月25日(火) 真宗の 僧侶に残業 手当てだと… これじゃ勝てぬわ 物質界に… | トップページ | 4月27日(木) 70年 微動だにせぬ 国境線 それでもたゆまず 交渉継続!  »