« 5月5日(金) 志 切に求める 人たちが この日夕刻 夢を叫べり! | トップページ | 5月7日(日) 人類が 「認知革命」 起こせしは 人生百年 その700人前! »

5月6日(土) 松江市に 今年の黄砂 初飛来! 国境なんて 関係ないんだ…

 気象庁は、この日、松江市をはじめとして、鳥取市や広島市、福岡市など西日本の各地で、今年初めての黄砂を観測したと発表。観測史上、最も遅い黄砂飛来であったのだそうだ。今回日本にやってきた黄砂は、約2日前に北京周辺で観測されていたものであり、その北京周辺(華北地方)では、大気1立方メートル中に2,000マイクログラムも含まれていたのが、日本では約100マイクログラムまで薄まっていたということである。


Mx4500fn_20170513_110516_002

 ニュースを見ていると、この黄砂の微粒子に細菌などが付着して飛んでくることがあるので、注意をするようにとの警告も行われていた。中国では、この黄砂を防ぐために、黄土地帯への植林活動なども行われているようではあるが、それが実効性を表すにはまだまだ時間がかかるだろう。当面は、自然現象と理解して、悪影響を軽減する工夫をするしかないようである。
 かつてアポロ計画が推進されていた頃、宇宙から地球を撮影した写真などを目にすることが多かった。そしてその写真にはよく、「宇宙船地球号」という言葉が添えられていた。地球上には人為的に国境線が引かれて、その国境を挟んで人々は相争っているが、自然そのものには、そのような国境がないことを改めて考えさせられるこのごろである。 

|

« 5月5日(金) 志 切に求める 人たちが この日夕刻 夢を叫べり! | トップページ | 5月7日(日) 人類が 「認知革命」 起こせしは 人生百年 その700人前! »