« 6月11日(日) 「密林の 聖者」と呼ばれし シュバイツァー その思想とは 生命の畏敬! | トップページ | 6月13日(火) 5日後の 国会閉会 前にして ドタバタ騒ぎは 恒例行事! »

6月12日(月) 生命には 上下はないと 言うものの どうもパンダは 異次元生物

Mx4500fn_20170615_134832_001

 上野動物園で、メスのジャイアントパンダ「シンシン」が赤ちゃんを出産。この動物園でパンダが誕生したのは、5年ぶりのことだという。その体重は、おおよそ150gくらいだと報じられていた。
 早速、上野動物園と周辺地域では、赤ちゃん誕生による集客効果に期待する声が広がっているようだ。新聞によれば、関西大学の宮本勝浩・名誉教授の試算によれば、1年間に約267億4,736万円に及ぶ経済効果が生まれるのだそうだ。それならば、この赤ちゃんの体重が150gだとすれば、1グラム当たりで1年間に2億円の経済効果である。これには、その値段ゆえに尊ばれている貴金属も真っ青である。金がいくら高価だといっても、せいぜいが1グラム5,000円程度。プラチナで3,600円、銀で65円程度である。そう考えるとパンダは、なんとも桁外れ。
 よく「生命には、貴賤はない。上下はない」と言われるが、パンダの場合は、生まれながらにして、とんでもない価値を背負ってこの世に誕生しているようである。まさに、「異次元生物」とも言わざるを得ない存在だと言わざるを得ない…。

|

« 6月11日(日) 「密林の 聖者」と呼ばれし シュバイツァー その思想とは 生命の畏敬! | トップページ | 6月13日(火) 5日後の 国会閉会 前にして ドタバタ騒ぎは 恒例行事! »