« 6月26日(月) 藤井棋士 前人未踏の 大記録! 満つれば欠くるは 世の常なれど… | トップページ | 6月28日(水) 政治家は 国を動かす 歯車なれど 少し欠ければ すぐお払い箱? »

6月27日(火) 3割が 「老々介護」と 厚労省 真の幸福 何ぞと問いたし…

Mx4500fn_20170704_232119_002

 厚生労働省が昨年実施した国民生活基礎調査の中で、75歳以上の同居者同士の介護「老々介護」が30.2%となり、初めて3割を超えたことが明らかになった。ちなみに、要介護者と介護者がともに60歳以上となれば、その割合は70.3%にも及ぶのだそうだ。しかもその介護に要する時間は、最重度の「要介護5」の場合だと、ほとんど終日対応しなければならないという回答が半数を超えている。
 私はかねてより、日本が高齢社会を乗り切るためには、「ロボット介護」が絶対に必要だと主張してきたのであるが、今改めて、その必要性を痛感しているところである。加えて、物理的にいかに介護を行うかというだけではなく、介護を受けている人たちの「幸福」の問題にも、これから先は強い関心を持って考えていかねばならないであろう。
 2025年には、団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者になる。そうなると、後期高齢者が人口の4分の1を占めるという超高齢社会が到来する。その時への備えを、今からきちんと考えておかねばならないと思う。

|

« 6月26日(月) 藤井棋士 前人未踏の 大記録! 満つれば欠くるは 世の常なれど… | トップページ | 6月28日(水) 政治家は 国を動かす 歯車なれど 少し欠ければ すぐお払い箱? »