« 7月18日(火) 105歳 日野原さんが 逝った日に 学生相手に 人生語った… | トップページ | 7月20日(木) アメリカの 新政権も 半年経つが 今なお続く トランプ・ギャンブル »

7月19日(水) 四国では 雨が不足と 言われつつ いつの間にやら 梅雨は明けけり

 今日は、四国・中国地方から、近畿、東海、関東甲信地方にかけて、一気に梅雨明けとなった。このしばらく豪雨に見舞われてきた九州北部については、少し梅雨明けが遅れる模様である。

Mx4500fn_20170728_113748_002

 しかし、梅雨明けと聞いて、心の中は複雑である。この一週間、ニュースでは、日田市や朝倉市など、九州北部の豪雨被害の様子を伝え続けてきた。1時間に100ミリを超える豪雨により、川の水が堤防を越えて集落に流れ込み、多くの家屋に浸水被害をもたらした。さらに、山中で山崩れが起き、そこから大量の木が流れ出し、それが被害を拡大したようである。心からのお見舞いを申し上げたいと思う。
 その一方、私が生活する四国では、梅雨の間の雨量が少なくて、ダムの貯水率が例年に比べてかなり低いままのようである。関東地方の利根川水系でも、かなり厳しい状況だと聞いている。
 近年の気象が異常であるとは、もう聴き飽きるくらい聞かされていることだが、今年の降雨量の濃淡を見て、改めてその感を強くしたのであった。

|

« 7月18日(火) 105歳 日野原さんが 逝った日に 学生相手に 人生語った… | トップページ | 7月20日(木) アメリカの 新政権も 半年経つが 今なお続く トランプ・ギャンブル »