« 7月29日(土) 生き物にゃ 毒で身守る ものあるが 北朝鮮も 同じ論理だ… | トップページ | 7月31日(月) 籠池氏 ついに逮捕だ! これまでの バブル騒ぎの 成れの果てなり… »

7月30日(日) 人生は 今が本番! 今以外 過去も未来も 今の意味付け

Mx4500fn_20170813_125615_001

 「人間哲理研究会」の日。今回取り上げたのは、岸見一郎著『幸福の哲学』という本。
 岸見一郎氏といえば、アドラー心理学の研究者として知られ、少し前に出版した『嫌われる勇気』という本が、ベストセラーとなっている。今回の本では、このアドラー心理学に、プラトンやアリストテレスの思想や仏教思想など、著者の幅広い知識を存分に織り込んで、「幸福」と言うことについて論じていた。
 著者は語る。「人からよく思われなくても、また、低い評価しかされなくても、そのことは自分の本質には関係がない。自分の課題は価値ある自分になるように努めることだけである。他者の評価を気にしたり、他者の期待に沿うとすることでは、ない」と。ただしこれは、他者を意識しないということではない。人は、人とともに生きてこそ人間なのであるから、「他者を自分と結びついた仲間である」とお考え、対人関係に入っていく勇気を持つことが大切だと語る。
 それからもう一点、「今、ここ」に強い光を当てるような生き方の大切さを語っている。過去も未来も、その人生の意味は、「今、ここ」の自分が決めるものだからである。
 この本は、新書版の比較的読みやすい本であったが、様々な事を考えさせられたのであった。

|

« 7月29日(土) 生き物にゃ 毒で身守る ものあるが 北朝鮮も 同じ論理だ… | トップページ | 7月31日(月) 籠池氏 ついに逮捕だ! これまでの バブル騒ぎの 成れの果てなり… »