« 9月1日(金) 民進党 新代表は 前原氏 党勢回復 使命と言うが… | トップページ | 9月3日(日) 北朝鮮 核実験の その時刻 語っていたのは 「宇沢経済」 »

9月2日(土) タカタ製 エアバックでの 集団訴訟に ホンダが和解 それにしてもだ…

Mx4500fn_20170907_114245_004

 タカタ製欠陥エアバッグ問題をめぐって、米国で行われたリコールに関連して、その対象車の持ち主らが起こしていた集団訴訟で、ホンダは6億500万ドルの和解金で原告側と合意したそうだ。6億500万ドルと言えば、約670億円。ホンダの従業員数は、単独の社員数が2万1,903名、連結で見ると211,915名であるから、この和解金額というのは、連結社員数で評価をしても、一人当たり30万円にもなる金額である。いってみれば、社員一人当たりのボーナスが30万円減額されるのに匹敵する金額と考えていいだろうと思う。なんにしても、大変な金額である。
 エアバッグが異常な膨張をしたのは、そこに使われていた本当に小さな火薬の品質管理の問題であったのだそうだ。ホンダにその品質管理にどこまで責任があったのかはわからないが、最終製品を送り出した企業の責任が、こんな形で厳しく問われる時代だということである。
 ホンダの創業者・本田宗一郎が生きておられたら、なんと語られただろうか…。

|

« 9月1日(金) 民進党 新代表は 前原氏 党勢回復 使命と言うが… | トップページ | 9月3日(日) 北朝鮮 核実験の その時刻 語っていたのは 「宇沢経済」 »