« 12月9日(土) 大リーグ 挑戦大谷 選びしは 神からお告げの 縁 de Luz なり | トップページ | 12月11日(月) ノーベル賞 受賞式の 報道が 「共感」重視で 良いのかいな?? »

12月10日(日) 李鴻章 その名からして リコウショウ(利口そう…) 中華維新の 立役者なり

Mx4500fn_20171212_134035_004

 12月の「人間論ゼミ」。今日のテーマは、「中国清代の政治家・李鴻章の人生と思想」であった。
 李鴻章(1823~1901)は、清朝末の政治家であり、西洋諸国や日本から様々な圧力が加えられる中で、西洋の技術や制度を積極的に取り入れて、清朝の立て直しを図ろうと努めた。また、日清戦争の講和条約である下関条約締結のための全権大使として、下関で交渉にあたったことでも知られている。当時の中国では、西欧諸国から信頼される唯一の政治家であったとも言われている人である。
 李鴻章は、とても優秀な政治家であったようであるが、それでも時代の波と中国国内の反対勢力に抗しきれず、結局は、清王朝の幕引き役を担うこととなった。
 その時代は、日本で言うならば、幕末期とよく似ていて、明治維新を抜きに近代日本を語れないのと同じく、清朝末期を知らずして近代中国を語ることはできないであろう。言うならば、李鴻章は、「中華維新」の政権側における立役者であったとも語ることができようかと思う。

|

« 12月9日(土) 大リーグ 挑戦大谷 選びしは 神からお告げの 縁 de Luz なり | トップページ | 12月11日(月) ノーベル賞 受賞式の 報道が 「共感」重視で 良いのかいな?? »