« 12月3日(日) 「資本主義」 新たな食い物 無くなって 死が目前と 語る人あり | トップページ | 12月5日(火) 将棋界 「闘う頭脳」の 羽生さんは 7高峰の 雪達磨かな »

12月4日(月) 米韓が 北朝鮮への 圧力と 最大規模の 合同演習

 米韓両軍が、韓国とその周辺地域で、航空戦力を中心とした大規模な共同訓練を開始。その訓練名は、「ビジラント・エース」。「ビジラント」というのは、「油断なく番をする」という意味。つまり、北朝鮮からの攻撃に対して、油断せずに防衛する、という意味合いの訓練ということになるのであろう。

Mx4500fn_20171209_122107_001

 この訓練に動員される航空機は、米空軍の最新ステルス戦闘機・F22や超音速戦略爆撃機・B1など。その航空機総数は230機余りに及び、参加兵員の総数は1万2,000人を超えるのだそうだ。北朝鮮は、この訓練が攻撃に切り替えられることがあるかもしれないと、高度の警戒態勢をとっているということである。確かに、もしどこかで、偶発的な武力衝突でも起これば、一気に戦闘状態に入るということもありえない話ではない。日本としても、重大な関心を持って見守らなくてはならない状況だと思う。
 それにしても、北朝鮮の指導者、金正恩・労働党委員長は、この窮地にあっても、強気の振る舞いを崩さない。彼のその強気を支えているものは一体何なのだろうか、と考えざるを得なかった…。

|

« 12月3日(日) 「資本主義」 新たな食い物 無くなって 死が目前と 語る人あり | トップページ | 12月5日(火) 将棋界 「闘う頭脳」の 羽生さんは 7高峰の 雪達磨かな »