« 12月25日(月) “世界には 紛争の風が 吹いている!” そう語ったは ローマ法王 | トップページ | 12月27日(水) 韓国の 慰安婦問題 朴政権に 罪押しつける 文大統領!  »

12月26日(火) 安倍政権 再起してから 丸5年 政界疾風 勁草を知る?

Mx4500fn_20180105_174629_002

 3年余の野党時代を経て、安倍晋三総理が再び誕生したのが、2012年(平成26年)12月26日のことであった。したがって、今日この日が、第二次安倍内閣が発足してちょうど5年という日になる。そして、第一次内閣も含めての総理在職日数は、2,193日に及び、歴代総理大臣では、桂太郎氏の2,886日をトップに、佐藤栄作氏の2,798日、伊藤博文氏の2,720日、吉田茂氏の2,616日に続いて、第五位ということになる。国民の声に広く耳を傾け、日々努力を重ねてきたその結果であり、安倍総理のこの努力に、深く敬意を捧げたいと思う。
 政治家や好む言葉の1つに、「疾風勁草を知る」というものがある。普段の風の吹かないときは、どんな植物も、みんなが直立していて、強い草も弱い草も分からないが、一度強い風が吹いてくると、弱い草はたちまちその風になびいてしまう。硬いばかりの木は、幹から折れてしまう。強さを持つと同時に粘りを持つ草だけが、その強風の中でしっかりと身を保つことができる、という意味であろう。剛柔織り交ぜながら、強い風に自らを失うことなく政権を維持し続けてきた安倍総理のますますの活躍を祈ったのであった。

|

« 12月25日(月) “世界には 紛争の風が 吹いている!” そう語ったは ローマ法王 | トップページ | 12月27日(水) 韓国の 慰安婦問題 朴政権に 罪押しつける 文大統領!  »