« 1月4日(木) 貴ノ花 理事解任が 年頭の 総理会見 突き飛ばしけり | トップページ | 1月6日(土) 何のため? 南極点まで 単独歩行! A I 様も 戸惑うばかり… »

1月5日(金) 株式が 高騰続ける 年明け市場! 将棋や囲碁も 最高値かも… 

Mx4500fn_20180110_151828_004

 東京証券取引所は、昨日が大発会。昨年末の終値よりも561円余り値上がりして、2万3,326円で午前中の取引を終え、 26年ぶりの2万3,000円台を回復したという。 一方ニューヨークの株式市場も、ダウ平均株価が初めて2万5,000ドルを突破。トランプ政権の1年間で、 5,000ドルも株価を伸ばした計算である。新しい年の幕明けが高株価で始まったことは、経済界や投資家たちの心理を明るいものにして、景気の好循環が生まれることにも結びつくであろうから、とりあえずはこれを歓迎したいと思う。
 一方、株価以外にも高値をつけているものがある。こ日本の将棋と囲碁である。この日、政府は、将棋の羽生善治・竜王と囲碁の井山裕太・棋聖に対して、国民栄誉賞を授与することを正式に決定した。この賞は、2月13日に、首相官邸で授与されるということである。このしばらく、将棋や囲碁は、松下がらず凄国民の関心を強く引き寄せていたわけではなかったが、この2人の活躍などによって、今や子供たちの間で大変な人気になっているのだそうだ。人気度で最高値をつけているのではなかろうか。これも、新年の明るい話題だと思う。

|

« 1月4日(木) 貴ノ花 理事解任が 年頭の 総理会見 突き飛ばしけり | トップページ | 1月6日(土) 何のため? 南極点まで 単独歩行! A I 様も 戸惑うばかり… »