« 3月1日(木) 「自転車の 聖地」と呼ばれる しまなみ(海道)を 訪ね祈るは 「尽未来際」 | トップページ | 3月3日(土) 町村議 兼職制限 緩和へと なり手いなくて 動くんだって… »

3月2日(金) トランプさん 安全保障を 盾にして 輸入制限 本当にやるの?

 アメリカのトランプ大統領は、「鉄鋼に25%、アルミニウムに20%の関税を課す」と語り、輸入品との競合に苦しんでいる米国内企業を輸入制限によって守るという決意を表明した。アメリカ商務省はすでに、この2月に公表した文書において、「鉄鋼とアルミの輸入増が安全保障上の脅威になる」との結論を出し、国内企業の保護のため、関税を課す案を提示していたが、今回の大統領の発表では、その商務省の案よりもさらに厳しい内容となっている。

Mx4500fn_20180309_222722_002

 この大統領の発表に対しては、アメリカ国内でも批判が強く打ち出され、政界や経済界がその中止を求めているが、トランプ大統領はどこ吹く風といった様子。かえって、「米国が、事実上、すべての国との貿易で巨額の金を失っている場合、貿易戦争は望ましく、勝つのは簡単だ」と、自らのツイッターに投稿したのだそうだ。
 このトランプ大統領の発表に対して、株式市場は急落。世界中で保護貿易が広がれば、世界経済に悪影響を及ぼしかねない。今のところはまだ対象製品や対象国など明らかになってはいないが、今後の展開が気掛かりな動きである。

|

« 3月1日(木) 「自転車の 聖地」と呼ばれる しまなみ(海道)を 訪ね祈るは 「尽未来際」 | トップページ | 3月3日(土) 町村議 兼職制限 緩和へと なり手いなくて 動くんだって… »