« 3月7日(水) 3人で 始めた事業が もう100年 創業者の名は 消えちまったが… | トップページ | 3月9日(金) アメリカは 北朝鮮の 雪崩に向かい トランプ・ボードで 立ち向かうかな… »

3月8日(木) 将棋界 師匠負かすが 「恩返し」! 藤井六段 出藍誉れと…

 将棋の中学生棋士、藤井聡太6段が、自らの師匠である杉本昌隆7段と、公式戦で初めて対局。同じ局面を繰り返して勝負がつかなくなる「千日手」によって差し直しになった末に、藤井6段が勝利。
 報道では、弟子が師匠に勝つことを将棋界では「恩返し」と呼ぶのだと伝えていた。

Mx4500fn_20180312_170238_004

 ことわざに「青は藍より出でて藍より青し」というのがある。藍草から取り出した染料の「青」は、元の藍草よりもずっと鮮やかな青色を示す、という意味である。このたとえから、弟子が師匠を凌ぐことを「出藍の誉」と呼ぶ。特に学問の世界では、弟子が師を追い抜く業績を上げることが高く称えられる。そしてそうであってこそ、師は弟子に教え甲斐があると考えるのであろう。おそらくはこんなことわざの伏線があって、弟子が師に勝負で勝つことを「恩返し」と呼ぶようになったのであろうか。
 強くなった弟子を称えると同時に、打ち負かされた師の立場も守る…単なる勝敗だけでなく、勝っても負けても双方が相手を称え合うとは、これはなかなか奥ゆかしい表現だなと思ったのであった。

|

« 3月7日(水) 3人で 始めた事業が もう100年 創業者の名は 消えちまったが… | トップページ | 3月9日(金) アメリカは 北朝鮮の 雪崩に向かい トランプ・ボードで 立ち向かうかな… »