« 4月28日(土) 財務省 次官と言えど トラブルに 「歯車欠けた」と 交換されたり | トップページ | 4月30日(月) 脱走の 受刑者ついに 逮捕さる! 3週間もの 逃亡の果て… 経済効果は 何億円かも… »

4月29日(日) 「関東煮(カントだき)」 おでんの別称 なのだけど とても固くて 歯が立たないね…

Mx4500fn_20180503_115013_004

 今日の「人間哲理研究会」では、ドイツの哲学者・カントを取り上げた。このカントの思想を比較的わかりやすく紹介したと言われる『カントの人間学』という本を中心に用いて、それ以外にも、何冊かの本を材料に用いてお話をさせていただいた。
 率直に言って、カントの思想は、とてもわかりにくい。そして論じることも容易ではない。さまざまな工夫をしながら、少しでも噛みこなせるように努力してみたのであるが、ほとんど歯が立たなかったという敗北感を伴う勉強会となってしまった。
 そこで悔し紛れの連想であるが、今日のイラ短には、「関東煮(カントだき)」付を描いてみた。関東煮とは、関西におけるおでんの別称である。このだし汁の中に放りこんだ筋肉であるが、いくら煮込んでみても、ちっとも柔らかくなってこなかった、という連想である。「食べれるものなら食ってみろ!」とは、だし汁の中に浮かんでいる筋肉からの挑発的な発言。「今に見ていろ。いつの日にか必ずや柔らかにして、思う存分食ってやる」とそんなことを心の中で叫んでいたのであった。

|

« 4月28日(土) 財務省 次官と言えど トラブルに 「歯車欠けた」と 交換されたり | トップページ | 4月30日(月) 脱走の 受刑者ついに 逮捕さる! 3週間もの 逃亡の果て… 経済効果は 何億円かも… »