« 5月2日(水) 「中立」と 言葉で言うは たやすいが 嵐の海峡 操舵は神技? | トップページ | 5月4日(金) 世界一 権威があると される賞 セクハラ疑惑で 見送りだってさ… »

5月3日(木) 新憲法 施行の日から 71年! 改正議論は 空回り気味!

Mx4500fn_20180507_234243_004

 「憲法記念日」である。日本国憲法が施行されたのが、今から71年前の5月3日。この70年余りの間、憲法の条文は一字一句たりとも変更が加えられたことがない。「不磨の大典」と呼ばれる所以である。
 しかし、このしばらくの選挙を通して、衆議院・参議院がともに、改憲勢力が3分の2を超えた。つまり、改憲に向けての合意が成立さえするならば、日本国憲法として初めての改憲発議がなされる状況が生まれたのである。そこで、安倍総理も、改憲の動きを加速しようと、折に触れて、その意欲をにじませる発言を重ねている。しかし、それが必ずしもうまく噛み合ってはいない。いやむしろ、改憲のスケジュールが示され、改憲の議論がより具体的なものになってくる中で、総理の意欲が空回り気味…。
 野党は基本的に改憲反対であり、マスメディアも、そのほとんどが反対である。それが、国民の間にも、「改憲に反対」という空気を生み出してきているのであろう。すでに総理の頭の中では、改憲実現の歯車が思い切り回っている様子であるが、周りとの噛み合いはどうもよくないようである。

|

« 5月2日(水) 「中立」と 言葉で言うは たやすいが 嵐の海峡 操舵は神技? | トップページ | 5月4日(金) 世界一 権威があると される賞 セクハラ疑惑で 見送りだってさ… »