« 5月31日(木) 森友の 問題めぐり 特捜部長 全員不起訴と 特別会見 | トップページ | 6月2日(土) 幕末期 明治時代と 日本を 揺り動かせる マグマを偲べり »

6月1日(金) さすらえる 大酒飲みの 俳人は 苦くて甘き 山頭火鍋…

Mx4500fn_20180607_110740_003


 今日から2泊3日の日程で、「有志者の集い」を開催する。テーマは、「明治維新150年」であり、その維新の発祥の地とされる山口県(長州)の防府市、山口市、萩市、下関市を巡って、明治維新やその志士たちと関わり合いのある場所を訪ねつつ、参加者同士が語り合おうという企画である。
 正午すぎに、新幹線の新山口市で参加者が集合。そこから貸切バスに乗って、まず向かったのが防府市であった。防府市は、かつて「中関」と呼ばれた海の関所があった場所で、ここにある三田尻港には、各地の志士たちが立ち寄り、交流し合ったという。ここでは、その舞台ともなった「防府天満宮」などを訪れた。
 それから特筆しておきたいのが、ここが、自由律俳句でよく知られる種田山頭火の誕生地であるということである。それにちなんで、「山頭火ふるさと館」が昨年オープンした。私たちはそこを訪れて、いろいろな話を聞かせて頂いた。
 その後、バスは、山口市にある「朴の森」へ。鍵山秀三郎先生が「人と環境が生き生きする森」を基本コンセプトに様々な施設を建設しているエリアである。ここで、その見学と明治維新に関する学習を行った。この日は、山口市の湯田温泉で宿泊。

|

« 5月31日(木) 森友の 問題めぐり 特捜部長 全員不起訴と 特別会見 | トップページ | 6月2日(土) 幕末期 明治時代と 日本を 揺り動かせる マグマを偲べり »