« 6月7日(木) 南海の 地震被害が 1400兆と 土木学会 発表したが… | トップページ | 6月9日(土) シャルルボア サミット開会! アメリカが 既成秩序に 「NOT」振り回すか… »

6月8日(金) 教職の 大学院で 講義せり 語りかけたは 吉田松陰!

Mx4500fn_20180613_114324_003

 今年も、愛媛大学の教職大学院で講義。これは、仲間である小田哲志教授から依頼されたもので、「教員の成長と職業倫理」という授業の1コマとなるものであった。
 今回取り上げたテーマは、「吉田松陰の教育思想」。少し前に「有志者の集い」で、山口県の萩を訪れ、吉田松陰の教育に触れてきたところであったので、その思いを学生たちに率直に語りかけた。
 これまでも幾度も論じてきたが、吉田松陰が教育の場とした「松下村塾」を訪れると、あまりに小さく粗末な建物であり、本当にこんなところから日本の国を大きく動かした人材が生み出されてきたのだろうかといぶかしく思えてならない。しかし、もしも松下村塾という教育の場がなければ、おそらくは日本の歴史は大きく異なったものになったに違いない。教育という問題が、ただ単にお金や施設の問題ではなく、教える人と教えを受ける人の心の問題としても考えるべきものであると、私は訴えかけたのであった。
 今回の私の話が、将来教師になろうとする人たちに、何らかの希望の灯を与えたとすれば幸いである。
  

|

« 6月7日(木) 南海の 地震被害が 1400兆と 土木学会 発表したが… | トップページ | 6月9日(土) シャルルボア サミット開会! アメリカが 既成秩序に 「NOT」振り回すか… »