« 6月22日(金) 日韓の 基本条約 53年! 人の心は 変わらぬものだ… | トップページ | 6月24日(日) 漢学者 諸橋徹次が 主宰して 儒仏道の 『三聖会談』 »

6月23日(土) 沖縄は 「慰霊の日」なのに 辺野古への 基地建設が 最大課題?

Mx4500fn_20180701_111037_002

 沖縄県の「慰霊の日」。昭和20年6月23日に、沖縄における組織的戦闘が終結したことにちなんで、アメリカ施政権下の琉球政府が制定した記念日である。沖縄では公休日となるらしい。
 毎年、この日には、沖縄県が主催する形で「沖縄全戦没者慰霊祭」が開催されている。今年もそれが開かれて、安倍晋三総理もここに参列し、追悼の言葉を述べられた。
 しかし、特に目を引いたのは、浦添市の中学生・相良倫子さんによる自作の「平和の詩」朗読であった。この詩には、「生きる」というタイトルが付けられていた。簡明な言葉の中に、情感豊かに、しかし力強く平和を訴えかけた。心に深く残る詩であった。
 一方、政治家の言葉は、沖縄における基地問題に向けられていた。毎年、同様の発言が繰り返されている。 「慰霊」の場での政治的発言は、「異例」のことと思うのであるが、いかがであろうか。

|

« 6月22日(金) 日韓の 基本条約 53年! 人の心は 変わらぬものだ… | トップページ | 6月24日(日) 漢学者 諸橋徹次が 主宰して 儒仏道の 『三聖会談』 »