« 6月23日(土) 沖縄は 「慰霊の日」なのに 辺野古への 基地建設が 最大課題? | トップページ | 6月25日(月) 引き分けて “これで良いのだ” バカボンを 思い出したる サッカー試合! »

6月24日(日) 漢学者 諸橋徹次が 主宰して 儒仏道の 『三聖会談』

Mx4500fn_20180701_111037_003

 「人間哲理研究会」の日。今回は、漢学者・諸橋徹次氏が晩年に書き著した『孔子・老子・釈迦三聖会談』という本を用いて行なった。
 この本は、日本社会に大きな影響を及した儒学の代表者である孔子、道教の代表者である老子、そして仏教の代表者である釈迦の3者が、時空間を超えて集まり、諸橋徹次氏が司会役となって、いろいろな問題について語り合うという趣向の本である。諸橋氏が、97歳の時に執筆を始め、 99歳でお亡くなりになる直前に脱稿したという、人生最後の本である。諸橋氏が口述したものを編集者がとりまとめ、そして編集者が朗読する文章に対して、諸橋氏が修正を加えるという形で完成させたと言う。つまり、諸橋氏が、一生涯を費やして追い求めてきた東洋思想の粋を、自らの頭の中で編集して、この本の中に表現したものだということもできるであろう。
 東洋思想の何たるかを学ぶ上に、とても興味味深い本であった。
 

|

« 6月23日(土) 沖縄は 「慰霊の日」なのに 辺野古への 基地建設が 最大課題? | トップページ | 6月25日(月) 引き分けて “これで良いのだ” バカボンを 思い出したる サッカー試合! »