« 7月22日(日) 社会への 違和感抱く 者たちが 私塾開きて 小宇宙生む | トップページ | 7月24日(火) 自民党 総裁選まで 2ヶ月となり 関ヶ原での 布陣進めり »

7月23日(月) 熊谷市 日本一の 熱暑なり 「命危険な 災害」だそうだ…

Mx4500fn_20180806_133031_002

 猛暑が続く日本列島で、観測史上最高気温の記録が生まれた。この日、埼玉県熊谷市で、最高気温41.1度を記録し、5年前に高知県四万十市で記録した41.0度の記録を更新したということである。
 この日は、確かに、無茶苦茶に暑かった。ニュースによれば、これは、太平洋から張り出してきている「太平洋高気圧」のみならず、それよりもさらに高度の高いところに、中国大陸から「チベット高気圧」が張り出していて、この二重の高気圧によって、異常な高温が生まれていたということなのだそうだ。
 気象庁の広報担当者が、「命に危険が生じる『災害』という認識だ」と話していた。
 この熱暑は、米中対立の影響というわけではないだろうが、米中両国が日本の上空でぶつかり合う、これからの日本政治も連想させるもののように感じたのであった。

|

« 7月22日(日) 社会への 違和感抱く 者たちが 私塾開きて 小宇宙生む | トップページ | 7月24日(火) 自民党 総裁選まで 2ヶ月となり 関ヶ原での 布陣進めり »