« 7月30日(月) itumadeも Paper上の Science ? それは違うと 京都大学! | トップページ | 8月1日(水) 健やかに 子ども育む 大役を 背負いこんでこそ 栄養教諭! »

7月31日(火) 劇薬は 副作用にも 配慮せねばと 金利アップに 目閉じる日銀!

Mx4500fn_20180810_131504_002

 日本銀行が金融政策決定会合を開き、これまで長期金利を「0%程度」に誘導するとしていた目標を弾力化して、多少の金利変動(上昇)を容認する方針を決定。その理由は、長期にわたる金融緩和策の副作用を軽減するためだとされている。
 この金融緩和策は、「黒田バズーカ」とも呼ばれ、市場に大きなサプライズを与え、それによって一気に景気を好転させることを狙ったものであった。しかし、その目標が達成されない中で、マイナス金利にまで踏み込んでも、うまく事態が推移せず、やめるにやめられない状況に陥っていた。その中で、国債の取引が先細りになったり、銀行収益が圧縮されたりといった副作用が起きていたのである。劇薬は、瞬間的な効果は確かに大きいが、長期にわたって処方すると、さまざまな副作用を引き起こしかねないということであろう。
 今回の日銀の判断は、その作用と副作用をバランスさせて、今後強まってきそうな副作用を極力抑える意図で決められたものであろうか。

|

« 7月30日(月) itumadeも Paper上の Science ? それは違うと 京都大学! | トップページ | 8月1日(水) 健やかに 子ども育む 大役を 背負いこんでこそ 栄養教諭! »