« 8月11日(土) 米国の 貿易赤字 問題に 解決探る 日米協議 … 要するに 日本は何を するのかと 脅迫含みの 日米協議 | トップページ | 8月13日(月) 亡くなりし 人らの思い出 振り返り 深き感謝の 新盆参り »

8月12日(日) 「永遠の 平和のために」 なすべきことは こんなことだと カントの提案!

Mx4500fn_20180817_131939_009

 「人間論ゼミ」を開催。今回のテーマは、「カント著『永遠平和のために』を読む」。
 8月15日の終戦記念日を前にして、戦争への関心が高まっているこの時期に、著名な哲学者・カントが考える「平和実現に向けての考え方」を学び合おうと考えたのであった。
 この原著本は、「フランス革命」から6年後の1795年に世に出されたものである。あの当時のヨーロッパは、各地で戦争が行われていて、カント自身も、一時的ではなく、永続する平和がどのように実現できるかということに心を砕いていたのであろう。国家が持つべき基本的な姿勢について、様々な視点からの提案が具体的に行われている本である。
 今の時代に読んでも、これが200年以上前に書かれた本だとはとても思えないような視点を持った本だと私は思った。流石は、思想界の大家・カントならではのことである。

|

« 8月11日(土) 米国の 貿易赤字 問題に 解決探る 日米協議 … 要するに 日本は何を するのかと 脅迫含みの 日米協議 | トップページ | 8月13日(月) 亡くなりし 人らの思い出 振り返り 深き感謝の 新盆参り »