« 9月12日(水) 年内に 平和条約 締結と 突如提案 露の大統領! | トップページ

9月13日(木) 沖合に 漂う縄の 主導権 巡りて競う 沖縄知事選!

Mx4500fn_20180914_134957_003

 沖縄県知事選挙の告示日を迎え、選挙戦がスタートした。 4人が立候補を届け出たということであるが、実質的には、自民、公明、維新、希望が推薦する前・宜野湾市長の佐喜真淳候補と、元衆議院議員の玉城デニー候補の事実上の一騎打ちの選挙戦となりそうである。主な争点は、やはり米軍基地問題であり、普天間飛行場の辺野古移設について、今後どう取り組むかという問題が大きな論点となってきそうである。
 「沖縄」とは、「沖に漂う縄」と書く。正式な名前の由来は知らないが、確かに、長い間にわたって、国際情勢の中で、日本政治の中で、または沖縄県民の世論の中で、漂い続けていきた地域である。これが簡単に収束するものとはとても思えないが、先生トップの考え方によって、その進路が大きく異なったものとなるであろう。その意味では、今回の知事選挙は、その沖縄の将来を方向づけるとても大切な選挙ということになるのだろうと思う。

|

« 9月12日(水) 年内に 平和条約 締結と 突如提案 露の大統領! | トップページ