« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

9月30日(日) 台風が来て 沖縄知事選 与党が敗れ “半分青い”が ハッピーエンドだ…

Mx4500fn_20181008_135149_001

 何がなんだか…といった一日。
 まず巨大台風24号が慌ただしくやってきた。各地で、最大瞬間風速の記録を打ち立て、東海地方を中心に、大きな被害を残した。
 次に、沖縄知事選挙の投開票が行われ、もともとラジオ局のディスクジョッキーであった、前衆議院議員の玉城デニー氏が当選。玉城氏の政治的信条はよくわからないが、これから先、沖縄問題に、嵐の予感あり。
 最後に、NHKの朝ドラ『半分、青い。』が昨日で終了。この半年間、どんでん返しが連続するドラマであった。空の半分に雲がかかっていても、残りの半分は青空なんだから、その青空の方を見つめて生きていこうというメッセージが込められたドラマであったかと思う。
 その時々は面白く見せていただいたが、終わった後で振り返ると、このドラマって何だったんだろう、と思ってしまったのであった。

|

9月29日(土) 逃げ逃げて 50日もの 大脱走? つかまえてみりゃ ただのアンチャン…

Mx4500fn_20181003_120447_004

 先月8月12日の夜に、大阪の富田林警察署から逃走した樋田純也容疑者が、この日、山口県の周南市内で逮捕された。留置施設から脱走して、48日後のことであった。
 その逮捕された時の樋田容疑者の写真が、テレビでも紹介されていたが、自転車でツーリングしている普通の青年といったいでたちで、髪は丸刈りにし、顔も真っ黒になっていた。顔相がすっかり変わっていて、これならば確かに、誰が見ても別人だと思っただろう。
 今日のイラ短には、「大脱走?」と表記をしたが、それは、あまりにもちまちまとした脱走劇であったからである。路上でのひったくりや窃盗を繰り返しながら、逃げ続けていたようである。確かに、天下の日本警察を相手に、50日近くも逃げ続けたというのはすごいことかもしれないが、最後は、「万引き犯で捕まったただの兄ちゃん」でしかなかったようだ…。

|

9月28日(金) 株価って お金のマジック… 欲張りに 奇跡を見せて 拍手喝采!

Mx4500fn_20181003_120447_003

 この日の東京株式市場は、株価が上昇し、一時、2万4,286円の高値を付けた。この株価は、26年10か月ぶりの高値なのだそうだ。国内経済の堅調さに加え、円安や日本株の割安感などが追い風となったようである。
 しかし、今後を考えれば、楽観してばかりはいられない。アメリカと中国の間の貿易戦争がさらに激化していけば、当然のことながら、日本経済にも影響が及んでくるだろう。また、これまで世界経済の伸びを支えてきた新興国経済も、頭打ちの傾向を強めている。
 そもそも株価というのは、明確な根拠があって決まるものではない。手品(マジック)のようなところがあり、突然に予想外のお金が出現して驚かされることがある。しかしその実態は、甚だ曖昧である。この株価高騰に、自分の持ち金が増えたと思っている人は、拍手喝采をしていると思うのであるが…。

|

9月27日(木) 日米の 首脳会談! 南洲辞世 「晋どんやもう ここいらでよか…」

Mx4500fn_20181003_120447_002

 昨日は、安倍総理も、国連の一般討論演説に臨み、日本の基本的な考えを演説。
 そして今日は、注目されたトランプ・アメリカ大統領との日米首脳会談。今回の中心課題は貿易問題であり、対日貿易赤字の削減を強く求めるトランプ大統領に対して、どのような話し合いが行われるかという点に関心が集まった。その結果は、「今後精力的に二国間で協議を進め、日米物品貿易協定(TAG)の締結を目指す」ということになり、当面の対立は、ひとまず回避されたということである。
 この報道を見聞しながら連想したのが、西郷隆盛が命を終えたときの最後の言葉、「晋どん、もうここいらでよか」であった。「晋」は「晋三」、「どん」は「ドナルド」。両首脳はとりわけ親しい仲だということであるが、正面衝突を避けて、「もうここいらでよか」とうまく妥結できたのかどうか、その点に関心がある。

|

9月26日(水) トランプさん 国連演説 失笑買うも ポイントにする 名役者ぶり

Mx4500fn_20181003_120447_001

 トランプ・米大統領が、国連の一般討論演説を行った。その演説冒頭に、トランプ大統領は、「私たちの並外れた進展を披露したい」と述べ、「わが政権は米国史上のほぼすべての政権より多くを成し遂げた」と語った時、その議場全体に、失笑が広がったのだそうだ。
 そこでトランプ大統領は一瞬言葉を詰まらせた後、「本当だ」と語ると、さらに笑いが広がった。それに対して切り返した言葉が、「こんな反応は予想外だが、まあいいさ…」。
 このシーンはテレビでも報じられていた。日本のTVでは、このやりとりをトランプ大統領にとっての大きな失点として報じていたが、おそらくは、大統領の支持者たちには、むしろ拍手喝采であっただろう。かえって大きなポイントにもなったのではないか。
 トランプ大統領の武器は、その名役者ぶりにあるのだ、と私は改めて感じたのであった。

|

9月25日(火) 原発の 運転差し止め 取り消された日 他にもあった 取り消し案件

Mx4500fn_20180930_135006_002_2

 この日、広島高等裁判所は、伊方原発3号機の運転差し止め決定に対する異議審で、四国電力の異議を認めた。これによって、四国電力は、法的に原子炉の稼働が可能となり、早速この10月27日の運転再開を表明した。
 この人間社会では、どんなことであれ、不確実性が残るものだ。100%の安全などというものはない。だからといって、事故の可能性が完全に否定できないからと、運転差し止めを命ずるならば、現代社会のほぼすべての機械の使用を差し止めなくてはならなくなる。だからこそ、裁判所には良識に基づく判断が求められるということではないだろうか。
 今は、余りに社会変化が激しくて、常識が形成され難い時代である。そこで、裁判においても、極端な判断がなされるのであろうか。
 今日のニュースでは、色々な分野で、この取消し案件が生まれていた…。さて…。

|

9月24日(月) 立ち枯れの 姿となりし 楷の木に 生命の息吹きを 見つけた喜び

Mx4500fn_20180930_135006_004

 昨日は、長島愛生園訪問の後、「天風会岡山県支部」の特別講演会で、「山田方谷の幸福論」について講演。そして、岡山市で宿泊。
 今日は、自宅に戻る道中で、若葉書院に立ち寄った。実は、この敷地内の楷の木が、2週間前の勉強会の時に、枯れかかっていたのが気にかかっていたのであった。7月初旬の西日本豪雨の時に、敷地内に大量の土砂が流れ込み、特にこの楷の木の根元部分に、それがうず高く堆積していた。そのせいで、水が地面に浸透しにくくなって、葉を枯らしてしまったのだろう。だから、その土砂を急ぎ取り除かなければならなかったのだが、この2週間、あまりに忙しく、その時間がなかったのであった。
 心の中ではもうダメかもと思いつつ訪れ、その楷の木を見ると、意外や意外、その枝の先から新しい葉が芽吹いていた。逞しい樹の命に、心の底からの喜びを感じたのであった。

|

9月23日(日) 長島の ハンセン病の 施設で聞くは もう姿なき 人らのざわめき

Mx4500fn_20180930_135006_003

 前日に続いて、今日も、「若葉書院特別勉強会」関連の行事。今回、参加者とともに訪れたのは、岡山県瀬戸内市にある「長島愛生園」。かつて国が、ハンセン病者を強制的に収容し、隔離した施設であった。「長島愛生園」は、その隔離政策の象徴的施設であった。
 もう今は、ハンセン病は、治療薬も開発され、恐れられる病気ではなくなった。そこで、もう新たな収容者はおらず、今この施設の中に生活しているのは、帰る場所がない、かつての収容者たちだけである。昔は多くの人たちでにぎわったと思われるこの施設内は、今は、閑散としている。ただ、当時のことを垣間見ることのできる様々な施設や建物が残り、その時代のことを紹介する展示館が、様々なことを、私たちに教えてくれているだけ…。
 この場に佇むと、無念の思いを抱いた人たちの叫び声が聞こえた気がしたのであった。

|

9月22日(土) 20年余 若葉書院が 歩み来て 何やらゆかし スミレ草だな…

Mx4500fn_20180930_135006_001

 岡山県にある「閑谷学校」で、「若葉書院第499回記念特別勉強会」を開催。約70名が、各地から集まってくださった。そしてそこで、私からは、「人間の森文明の思想と今後の展開」をテーマとして、お話しさせていただいた。その後、国宝に指定されている閑谷学校の講堂で、閑谷学校顕彰保存会の國友道一・理事長から、閑谷学校の歴史などをお聞きし、参加者全員で、論語の素読を行った。
 夜は、宿泊地の岡山市内での交流会。心が響き合う、温かい雰囲気の交流会となった。
 若葉書院は、その開設から既に21年。その場での勉強会も、もうすぐ500回である。馬齢ばかりは重ねてきているが、一方で、その成果はと問われれば、答えに窮してしまう。
 そんな負い目があるせいか、「歩み来て 何やらゆかし スミレ草」という句が、自然に私の口から出てきたのであった。

|

9月21日(金) 人間は 玉石混交 腐れ縁… 水清過ぎちゃあ 文科は住めぬ??

Mx4500fn_20180929_132352_004

 今日、戸谷一夫・文部科学事務次官が辞任。文部科学省の一連の接待汚職問題に責任を取る形の辞任である。マスコミは、文科省内の規律が緩んでいると強く批判している。
 確かに、戸谷事務次官をはじめとする幹部職員が、業者からの接待を受けていたことは、国家公務員倫理規程などに違反することであり、その批判はきちんと受け止めねばならないことだと思うが、私には、ここまでの処分はいかがだろうかと思う気持ちがある。
 文部科学省は、次代の人たちや科学技術を育てる役割を担う官庁である。ある意味では、人間社会にどっぷりと浸かった仕事を行う官庁であり、その人間社会というものが、玉石混淆で成り立ち、腐れ縁で結びついているものだとするならば、水の清さだけでよいのであろうか。「水清ければ魚住まず」とも言う。その塩梅の難しいところのように思う。

|

9月20日(木) 自民党 総裁選挙 乗り越えて まだまだ続く 日本アルプス

Mx4500fn_20180929_132352_003

 自民党総裁選挙が行われ、安倍晋三首相(自民党総裁)が、有効投票の約7割を獲得して、連続3選を果たした。安倍首相の総裁任期は、2021年9月末までであり、首相在職期間が、歴代最長となる可能性もある。
 安倍首相は、これまでも、数多くの政治危機を乗り切ってきた。しかし、これから先を展望すると、これまで以上に厳しい案件が山積状況である。まずは憲法改正。歴代政権がなしえなかったことに、これから力を尽くして取り組むと決意を表明した。また来年春には、統一地方選挙と天皇陛下の生前譲位、夏には、参議院議員選挙、さらに秋には、消費税率引き上げがある。その翌年には東京オリンピックである。政治感覚の優れた安倍総理といえども、これから先の険しい日本アルプスを無事に踏破するのは、なかなか大変そうである。

|

9月19日(水) 仙台で 交番警官 刺殺さる 安全神話は もう過去のこと…?

Mx4500fn_20180929_132352_002

 衝撃的な事件が発生。仙台市内の交番で勤務中の警察官が刺殺されたというのである。しかもその犯人というのは、おとなしくて礼儀正しいと近所で評判であった地元の大学生。この両者は、面識もなく、拾得物を届けに来たと交番を訪れてきた、この大学生の応対に当たった警察官が、突然刃物で刺殺されたのである。なんとも不可解な事件である。
 加害者が、普通の大学生。そして被害者も、とても人柄の良い周りから信頼される警察官。こんな人間の間で殺人事件が起きるということであれば、極端な話、どんな人であっても、いつ何時、事件の被害者になるか分からない。日本の国は長い間、世界の中で最も安全な国などと言われたりしてきたが、もうそのような「安全神話」は通用しない時代なのだ、と考えなくてはならないのであろうか。

|

9月18日(火) 遠いなぁ そう感じたは 思い込み? ぐっと近づく 三つの話題!

Mx4500fn_20180929_132352_001

 世の中には、思い込みが満ち溢れている。若干の情報だけから、まだ事態が曖昧であるにもかかわらず、こうであるに違いないと決めつけて、さらに想像力を働かせて、自分勝手な橋を架けてしまう。今日のニュースを見ていて、三つのことが気に掛かった。
 一つは、朝鮮半島の南北首脳会談。韓国の文大統領が、平壌を訪れ、金朝鮮労働党委員長と会談を行った。これまで仇敵とまでののしり合ってきた両国の間が、一気に縮まった印象であるが、さて今後はどうなることやら?
 二つ目は、関西空港連絡橋での鉄道運転の再開。思ったよりも早期の復旧であった…。
 三つ目は、アメリカのスペースX社が募集していた月周回の有人飛行に、「スタートトゥデイ社」の前澤社長が最初の客として搭乗することが決まったそうだ。はるかな月も、今や観光地になろうとしているということか…。

|

9月17日(月) 波高き 南シナ海! 火に油 注ぎ合うなり 各国海軍…

Mx4500fn_20180927_125819_004

 海上自衛隊の潜水艦「くろしお」が、ベトナムのカムラン国際港に寄港したと報じられた。この目的は、ベトナム海軍との親善の為とされ、今後、ベトナム海軍との防衛協力・交流の進展を図ることを狙っているようだ。なお、潜水艦「くろしお」は、この寄港の前に、南シナ海で、対潜水艦訓練も行ったという。
 中国が海軍力を増強し、南シナ海の島々を埋め立てて港や空港を造り、実効支配を行うようになって以降、南シナ海には大きな軍事衝突の火種が燻り続けている。そこに中国が油を注ぐと、すぐにアメリカやイギリスが油を注ぐ。そして日本も、この海域が日本の国益に大きなリスクを生み出しかねないと同時に、少しはアメリカに協力して、油を注いでおかないと、日米軍事同盟が揺らいではならないと、危惧して何らかの対応をする…。
 南シナ海、波高しという印象である。

|

9月16日(日) 世の学者 兎の足跡 ばかり見て 兎を忘れる 人が多いね

Mx4500fn_20180927_125819_003

 「教育思想研究会」の日。今回取り上げたのは、江戸時代初期の儒学者であり経世家でもあった「熊沢蕃山」。この土曜日、岡山県にある「閑谷学校」を会場にして、「若葉書院第499回特別勉強会」を開催するので、この設立に強く関与した熊沢蕃山を取り上げての勉強会を開いたのであった。
 熊沢蕃山の思想の底流には、自らが師と仰いだ中江藤樹が教えた「陽明学」の影響があったに違いない。つまり、「知行合一」の思想である。
 熊沢蕃山に、興味深い言葉がある。「書はたとへば雪中の兎の足跡なり。兎は心なり。聖人の経書、賢人の注釈した伝は、皆わが心の註なり。兎を得て後に、足跡は用なし。心を得て後に、書は用なし」と。世の人は、書物で学ぶが、それは兎の足跡を学ぶようなもので、兎自身(心)を学ぶことが大事だと教えた言葉。考えさせられる言葉であった。

|

9月15日(土) 驚天動地 リーマンショックの 10年後… 安室奈美恵の 最後の舞台!

Mx4500fn_20180927_125819_002

 今日、9月15日というのは、ちょうど10年前のこの日、米投資銀行「リーマン・ブラザーズ」が、連邦破産法11条を申請して、経営破たんした日である。これがきっかけとなって、世界経済が一気に暗転した。いわゆる「リーマン・ショック」である。この負債総額は6,130億ドル(約64兆円)にも及び、世界経済は、その後、長い不景気のトンネルに突入した。
 しかし、今日のニュースでは、歌手・安室奈美恵のラストコンサートを大きく取り上げていた。今日は、沖縄のコンベンションセンターで、約3,500人を前に、最後の舞台に立ったのだそうだ。芸能界からの正式の引退は、明日。ビーチでの花火ショーの後、アイドルから普通の人に戻るのだそうだ。
 この「アムラー・ショック」も、一部ファンを除けば、あっという間に忘れ去られていくのだろう。人間というのは、実に忘れっぽい…。

|

9月14日(金) 本年の イグ・ノーベルは 自分自身で 大腸内視の 日本人医師

Mx4500fn_20180927_125819_001

 「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる「イグノーベル賞」。今年も、日本人研究者が受賞した。
 今回の受賞者は、長野県にある「昭和伊南総合病院」で内科診療部長・消化器病センター長を務めている堀内朗さん。受賞対象となった研究は、「座って行う大腸内視鏡検査~自ら試してわかった教訓」というもので、自分自身で患者役となって、座った姿勢で大腸に内視鏡を入れる研究を行ったのだそうだ。
 「イグノーベル(ig nobel)賞」とは、「ノーベル賞」に対するパロディーであるとされる。また、「ignoble(下品な、不名誉な)」にかけた造語とされる。謹厳で高貴なノーベル賞に対して、学問研究の幅の広さを示すものとして、私自身は、この取り組みを高く評価している。
 それにしても、この賞を、日本人が12年連続で獲得したというのも、興味深いことだ。

|

9月13日(木) 沖合に 漂う縄の 主導権 巡りて競う 沖縄知事選!

Mx4500fn_20180914_134957_003

 沖縄県知事選挙の告示日を迎え、選挙戦がスタート。4人が立候補したが、実質的には、自民、公明、維新、希望が推薦する前・宜野湾市長の佐喜真淳候補と、元衆議院議員の玉城デニー候補の事実上の一騎打ちの選挙戦となりそうである。主な争点は、やはり米軍基地問題であり、普天間飛行場の辺野古移設について、今後どう取り組むかという問題が、大きな論点となってきそうである。
 「沖縄」とは、「沖に漂う縄」と書く。正式な名前の由来は知らないが、確かに、長い間にわたり、国際情勢の中で、日本政治の中で、または沖縄県民の世論の中で、漂い続けてきた地域である。これが簡単に収束するものとはとても思えないが、県政トップの考え方によって、その進路が大きく異なったものとなる可能性がある。その意味で、今回の知事選挙は、その沖縄の将来を方向づける、とても大切な選挙ということになるのだろうと思う。

|

9月12日(水) 年内に 平和条約 締結と 突如提案 露の大統領!

Mx4500fn_20180914_134957_002

 ロシアのウラジオストクで開催された「東方経済フォーラム」の全体会合で、安倍総理が、早期の日露平和条約締結の決意を語ったのに対して、プーチン大統領が、北方領土の問題を棚上げにした形で、年内に「日露平和条約」を締結することを突如提案。まず「平和条約を結び、友人として、争点となっている北方領土問題の話し合いを続けていきたい」と語ったそうだ。日本では困惑が広がっている。
 特に安倍総理は、今現在、自民党総裁選を戦っている最中であり、この領土問題のような微妙な問題で判断を誤れば、たちまち形勢が変わりかねないので、慎重な物言いに終始している印象であった。
 プーチン大統領が、何を意図して、この時期にこの発言を行ったのかは定かではないが、日本政治にとっては、これから先の大きな政治課題を投げかけられた格好である。

|

9月11日(火) セーリング ワールドカップの イルカショー… 批判に謝罪と 報じていたが…

Mx4500fn_20180914_134957_001

 今日のニュースを見ていて、おやおやと思わされる話題があった。藤沢市で開催された「セーリング・ワールドカップ・江ノ島大会」の開会式で披露された「イルカショー」について、一部外国人選手から批判の声が上がり、それに対して、日本セーリング連盟の河野会長が、「イルカの扱いは国、個人によって考え方に違いがある。慎重さを欠き、不快な思いをされた方にはお詫びしたい」と謝罪したそうだ。このショーは、通常のものであって、別に何か残酷な要素が含まれたものであったわけではなかったという。
 この流儀で批判をするならば、サーカスの動物ショーなどはもちろん、あらゆる見世物が批判の対象になるのではないか。好き嫌いの感情は否定できないとしても、お互いがもっと寛容の精神をもってこの国際化時代に対応していかなければ、うまくいかないのではないだろうかと案じられたのであった。

|

9月10日(月) 自民党 総裁選挙の プーチンさ… その心とは ウラジミール(裏・地味る)

Mx4500fn_20180913_125948_004

 安倍総理は、午前中に総裁選挙の立会演説会と共同記者会見を終えた後、ロシアに飛び、プーチン大統領と会談を行った。日露間の諸問題について、意見交換を行った模様。
 そこで、今日のイラ短日記には、「自民党総裁選挙のプーチンさ」と書いた。「プーチンさ」であって「陳腐さ」ではない。その心はといえば、プーチン大統領の名前が「ウラジミール」であり、「裏地見る」であることだ。おそらくこの自民党総裁選挙は、候補の公約などの表面の言葉以上に、その裏地となっている性格や人間性が判断基準になる選挙のような気がしてならない。加えて言えば、候補者二人とも、どちらかと言うと、「裏に地味なもの」を持ち合わせているような気がする。だから、今回の総裁選は「プーチンさ」なのである。
 さらに言えば、今回会談は「ウラジオストック」で開催。「裏地をストック」するような選挙戦になるのかどうか、その点にも関心がある。

|

9月9日(日) 勝ちてなお ごめんなさいと 大坂なおみ 陰陽雑多な 女王の魅力!

Mx4500fn_20180913_125948_003

 テニスの全米オープン・女子シングルス決勝で、大坂なおみ選手が、元世界ランキング第一位のセリーナ・ウイリアムズを相手に2セットを連取し、優勝を果たした。世界の4大大会で、日本人が優勝したのはこれが初めてだそうだ。心よりその健闘を称えたいと思う。
 みんなが注目したのが、その優勝決定後の表彰式での大坂選手のコメント。ここで最初に発した言葉が、「みんなが彼女(セリーナ)を応援しているのはわかっています。こんな終わり方でごめんなさい」という謝罪の言葉であった。一瞬、会場全体が静まり返ったような印象であった。そして最後には、「セリーナに全米決勝で戦う夢が叶いました。対戦してくれて、ありがとう」と締めくくった。
 彼女のこの謙虚な姿勢に、それまでブーイングが続いていた会場全体が、温かい声援に変わったそうである。陽と陰を兼ね備えた、魅力あふれる新女王の誕生であった。

|

9月8日(土) 帰り道 旧知の政治家 訪ねけり 政でも農でも 熱暑に草取り!

Mx4500fn_20180913_125948_002

 昨晩は、四万十町にある四国八十八ヶ所霊場・岩本寺の宿坊で宿泊。この日の朝は、本堂で行われた勤行にも、武石県議とともに参加。
 その後、新居浜に戻る道中、ふとこの地の森田英二・前高知県議のことを思い出して、電話をしてみたところ、今ハウスで農作業中だとのこと。それならば、この地域の農業のことも聞いてみたいと、急遽訪問することにした。
 森田さんは、ハウスの中で耕運機を操作していた。しばらく待っていると、その作業を終えたので、ハウスの片隅にある応接セットで、積もる話をしたのであった。聞いてみると、前回選挙では、陣営に緩みがあって落選してしまったが、来年の統一地方選で、再挑戦するのだと決意を語ってくださった。
 一方に政治、そしてもう一方に農業、ともに夏の暑さの中でも草取りをしっかりすることが大事な仕事。御苦労なことだと思った…。

|

9月7日(金) 「西郷を 止めた男」の 生誕地! 四万十町での 発見キャラバン!

Mx4500fn_20180913_125948_001

 今日は、高知県四万十町のキャラバン活動。私が所有していた谷干城の掛け軸を、出身地である四万十町に寄贈するのが主目的。役場では、町長が所用で不在にしていたが、副町長や教育長などが出迎えてくれて、無事にその引き渡しを行うことができた。
 そしてそれから、ここを地盤とする武石県議やこの顕彰運動を中心になって展開している林さんにご案内をいただいて、四万十町の各地の様子を見せていただいた。見聞を広めることのできた有意義な時間であった。
 谷干城は、西南戦争の時に、熊本鎮台司令長官であり、西郷隆盛が率いる旧士族軍をここで食い止めた。そこで、ここでは、「西郷を止めた男」というスローガンで顕彰運動を行っていた。そこからの連想で、「地球の最期を止めた男」…そんな教訓を何か引き出すことができないだろうかとも考えたのであった。

|

9月6日(木) ありゃ今日は 北海道での 大地震! 安倍の地盤は 揺らがぬようだが…

Mx4500fn_20180910_115101_004

 災害が続く。寺田寅彦は、「天災は忘れた頃にやってくる」と語ったそうであるが、このしばらくの様子を見ていると、「天災は忘れる間もなくやってくる」という方が、私たちの実感により近いような気がしてならない。
 今日は、午前3時過ぎに、北海道南西部を震源とする大地震が発生。観測史上北海道で最大となる震度7を記録したそうである。そして厚真町では、山全体が大きく崩れ、かなりの死者や行方不明者が出ている様子である。さらに、北海道全域で「ブラックアウト」と呼ばれる停電が発生し、北海道全体で生活に支障が生まれているようである。
 翌日が、自民党総裁選の告示日であるが、安倍首相は、相次ぐ災害への対応を優先したいと、選挙に関わる諸行事を先に延ばすこととしたという。もっとも、安倍総理の地盤は固くて、揺らぎはないようではあるが…。

|

9月5日(水) 関空に 取り残されたる 8000人! やっと脱出… これって日本?

Mx4500fn_20180910_115101_003

 昨日来襲した台風21号の影響で、関西国際空港で孤立していた約8,000人が、この日ようやく、船とリムジンバスによって、島外に移動することができた。
 関西国際空港といえば、日本の土木技術の粋を尽くして造られた最先端の空港である。それが、想定外の規模の台風来襲とはいえ、このような事態に陥ってしまったのには、意外の思いを禁じ得ないところがある。さらには、船でこの空港島から脱出する人たちの姿を見ていると、これは難民として他の国に移動していこうとしている「ボートピープル」の姿と重なり合ってしまった。
 日本は、いまだに「技術においては世界一」という意識を持つ人が多いように思うが、今はもうそうでないのかもしれない。今回の台風は、日本を技術面で追撃してきている様々な国々への警戒心を呼び起こせという、天からの示唆であったのかもしれないとも思う。

|

9月4日(火) 台風で 海に沈みし 関空を 我が事かもと 見る玉木さん

Mx4500fn_20180910_115101_002

 この日、非常に強い台風21号が、四国東部に上陸し、その後北上。この台風は、その中心気圧が極めて低く、さらに移動速度が速かったため、その東側で強風が吹き荒れ、各地で観測史上最大の瞬間風速を記録したという。
 この影響で、各地に被害が生じたが、特に大きな被害となったのが、海上空港の関西国際空港。大阪湾潮位上昇が3メートルを超え、さらに強風によって水位が上昇して、過去最大の高潮が発生。空港には、高潮が流れ込み、第1期工事エリアが広く水没。さらにそれに加えて、空港島への連結橋にタンカーが衝突して大きく破損。橋の通行が不可能となり、空港には多数の人たちが取り残されてしまった。
 この日はちょうど、国民民主党の代表選挙。玉木雄一郎・共同代表が大差で当選を果たしたが、国民民主党の支持率は、選挙を経ても、水面下に沈んだまま。玉木代表は、関空の姿を我が事かも…と眺めていたかも…。

|

9月3日(月) 経団連 就活ルールの 撤廃だって… 学生たちって カメレオンかい?

Mx4500fn_20180910_115101_001

 経団連の中西宏明会長が、記者会見の中で、就職や採用活動に関する日程などを定めている採用指針を、2021年春入社組から廃止する考えを表明した。この指針が廃止されれば、大学における勉学に大きな支障が出ると、大学は危機感を募らせているようである。
 その一方で、当事者となる大学生はどうかといえば、割合にあっけらかんと受け止めている様子である。
 今の大学生といえば、子供時代から、教育内容が大きく変更されたり、入試制度が変わったり、さらには社会風潮も激しく移り変わってきている。そこで、環境の変化には慣れてしまっているのではないかという気がした。
 言うなれば、カメレオンである。周辺の変化に応じて、小器用に自分自身を変身させていく…。そう考えれば、この若者世代も、結構変化の時代をうまく生き抜いていくのではないだろうか、とそう考えたのである。

|

9月2日(日) 古の 巨大帝国 ローマさえ 滅びゆくなり 時のしじまに…

Mx4500fn_20180906_233944_008

 「フォレスト・トレンド勉強会」。今回取り上げたのは、弓削達著『ローマはなぜ滅んだか』という本であった。地中海世界全体に領土を広げ、永遠にその繁栄を続けるかと思われたローマ帝国が、どのような理由によって、衰退し、そして滅亡の日を迎えることになったのか、それを学ぼうという勉強会であった。
 この本の著者によれば、ローマというのは、周辺を大きく巻き込んだ「大渦巻の中心」であったというのである。しかし、支配地域を周辺にどんどんと拡大する中で、ローマは、その社会内部を激しく分解し、市民共同体崩壊の危機に直面する。そこで、その分解を阻止するために、社会制度や社会インフラの整備を促進し、その存続を図ろうとする。それがさらに拡大のエネルギーを生み出してきたと語るのであるが、それが限界点を超えて、滅亡の道を辿らざるを得なかった…。そう私は理解した。壮大な歴史のドラマである。

|

9月1日(土) このまちが 世界3位の 住みやすさ? ホンマかいなと 大阪スズメ!

Mx4500fn_20180906_233944_007

 イギリスの有名な経済雑誌である「エコノミスト誌」が発表した、「世界で最も住みやすい都市ランキング」で、大阪が過去最高の第3位を獲得したのだそうだ。この調査では、現地の調査員の評価によって、「治安」「医療」「文化・環境」「教育」「インフラ」の5項目について点数化した上で、その総合点で順位を決定したそうである。ちなみに、第1位はオーストリアのウィーン、第2位はオーストラリアのメルボルンとなっている。
 テレビでは、早速、大阪の住民にその意見をインタビューしていた。多くの人が、「とてもそうは思えへんなぁ」と首をかしげる反応であり、この評価には、どうも生活実感とは異なったものがあるようである。
 それにしても、国際的に、住みやすさが高く評価されるのは、悪いことではないであろう。早速に、大阪万博誘致に弾みになると喜びの声を上げていた人もいたようである。

|

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »