« 1月5日(土) 囲碁界じゃ 小五少女が プロ棋士に? ユニコーンの夢 否定はしないが…  | トップページ | 1月7日(月) 西日本 豪雨の日から 半年となり 昭和終わりて 30年なり! »

1月6日(日) 安倍総理 父墓前にて 誓いし日 日食見ながら 何を思うか…

Mx4500fn_20190112_183012_002

 この日、安倍総理は、昭恵夫人とともに、長門市にある父・晋太郎氏の墓参りを行ったという。そしてそこで、記者団に対して、「北方領土問題、平和条約の問題に終止符を打つために全力を尽くしていくと誓った」と語った。安倍晋太郎氏は、外務大臣時代に、旧ソ連との関係改善や北方領土問題に力を尽くしたしつつのであるが、それを引き継いで成就させたいという決意を語ったものである。
 この日には、3年ぶりとなる部分日食が見られた。「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」とは、藤原道長が最盛期に詠んだとされる短歌である。安倍総理は、天上で欠けてゆく太陽を見上げながら、何を思い考えたことであろうか。総理への夢を持ちながら果たせなかった父親の墓前で、ひとしお感慨深く、権力の儚さと人生の儚さを胸に思い抱いたのではないかというのは、私の勝手な想像であるが…。

|

« 1月5日(土) 囲碁界じゃ 小五少女が プロ棋士に? ユニコーンの夢 否定はしないが…  | トップページ | 1月7日(月) 西日本 豪雨の日から 半年となり 昭和終わりて 30年なり! »