« 4月8日(月) 大阪の “維新の会”の 圧勝に “アッソウ”と言う 永田町かも… | トップページ | 4月10日(水) 天空の ブラックホールに 連想したは 東京夜間の 航空写真! »

4月9日(火) 新紙幣 その顔ぶれを 眺むれば みんな同(おんな)じ 世代の人だね??

Mx4500fn_20190415_105604_004

 今日のサプライズは、政府と日銀が、新紙幣発行方針を発表し、1万円、5,000円、1,000円の3種類の紙幣を刷新するとしたことであった。最新技術で偽造防止を強化した紙幣を、2024年度に流通させる方針という。
 多くの人が関心を持ったのは、この紙幣に取り上げられた人物である。1万円札には、実業家の渋沢栄一氏、5,000円札には、教育者の津田梅子氏、そして、1,000円札には、細菌学者の北里柴三郎氏が選ばれた。
 私が関心を持ったのは、これら3人が生きた時代! どういう理由か知らないが、みんな同じ世代の人たちである。明治維新の前に生まれ、昭和初期に、揃ってこの世を去っている。しかも誕生年は、3人とも「ねずみ年」。
 ダヴィンチ・コードではないが、何かこの選定の裏には、秘められたものがあるのかもしれないな、と面白がった次第である。

|

« 4月8日(月) 大阪の “維新の会”の 圧勝に “アッソウ”と言う 永田町かも… | トップページ | 4月10日(水) 天空の ブラックホールに 連想したは 東京夜間の 航空写真! »