« 7月13日(土) FTCが フェイスブックに 巨額制裁…? 個人情報 軽視だとして… | トップページ | 7月15日(月) 中国は 6%の 成長で 困り顔 こりゃ大変だと 大騒ぎだが… »

7月14日(日) 青淵は 片手に論語 片手に算盤 不易と流行 持つ安定感!!

Mx4500fn_20190726_125152_004

 今日は、「人間論ゼミ」。今回取り上げたのは、「渋沢栄一の人生と思想」であった。
 渋沢栄一といえば、2024年に発行される新1万円札の肖像に採用された人物である。明治・大正時代に、日本の経済界で活躍し、500社にも及ぶ企業の設立に関与し、また約600もの団体の活動にも関係したと言われている。「日本資本主義の父」とも呼ばれている。
 この渋沢の代表的著書といえば、『論語と算盤』。経済人は、ただ算盤の上で大きな利益をあげればいいというのみならず、その人間としての生き様や考え方が優れたものでなくてはならないという主張の本である。この本のテーマは、「不易と流行」。つまり、利益を目指すのは「流行」であり、人間として確かな生き方を目指すのは「不易」。この両者に支えられてこそ、確固たる人間の生き方ができると、私たちに語りかけている本であった。

|

« 7月13日(土) FTCが フェイスブックに 巨額制裁…? 個人情報 軽視だとして… | トップページ | 7月15日(月) 中国は 6%の 成長で 困り顔 こりゃ大変だと 大騒ぎだが… »