« 9月2日(月) 来島や 馬島・小島 巡りけり 海洋日本の 秘宝求めて | トップページ | 9月4日(水) 国と民 二人の主人を 双肩に ひたすら踏んばる 香港長官! »

9月3日(火) 英国は 過去の光に しがみつき いつの間にやら 落日の時…

Mx4500fn_20190907_131230_008

 イギリス議会が再開。この議会での焦点は、10月末のEU離脱を主張するジョンソン首相と、「合意なき離脱」に強く反対する野党勢力などとの対決である。
 さっそく野党労働党などは、来年1月末までの離脱延期を要請する法案を提出。それに対して、ジョンソン首相は、10月中旬の総選挙をちらつかせながら、その野党を牽制。テレビでその議論を見ていると、相当激しいやりとりが展開されているようである。
 イギリスといえば、現代に続く「議会制民主主義」発祥の国であり、長い間、その鑑とされてきた。しかし今の英国議会は、逆にその「議会制民主主義」の限界を、私たちに示しているという気がしてならない。
 イギリスは、過去の栄光にしがみついて、今、かえって凋落への道を転がり落ちているのではないか…。そんな気がしてならない。

|

« 9月2日(月) 来島や 馬島・小島 巡りけり 海洋日本の 秘宝求めて | トップページ | 9月4日(水) 国と民 二人の主人を 双肩に ひたすら踏んばる 香港長官! »