« 8月31日(土) 「夏嵐 机上の白紙 飛びつくす」 子規の俳句に 想うは香港 | トップページ | 9月2日(月) 来島や 馬島・小島 巡りけり 海洋日本の 秘宝求めて »

9月1日(日) 令月も 和らぐ風も 無きままに 新元号年 後半に入る

Mx4500fn_20190907_131230_006

 新元号「令和」が始まったのは、今年5月1日であった。ということは、今日9月1日というのが、令和初年の折り返し点。振り返ってみると、新元号が動き始める前後には、新時代への強い期待感が国中にあふれていたが、この4か月を見る限りは、その新しい胎動を強く感じることがほとんどなかったように思う。
 そもそも「令和」の元号は、万葉集の中の「初春の令月にして、気淑く風和ぎ」という一文からとられたものである。凛とした美しい月の下に気持ちの良い和やかな風が吹いてくる…といった意味合いの言葉であろう。しかし現実には、凛としたところも少なく、和やかな気風もあまり感じなかった…。むしろその逆ではなかっただろうか。
 そうは言いつつも、まだ今年は4か月残っている。心して、せめて残された時間だけでも、凛と和かに生きていきたいものだと思う。

|

« 8月31日(土) 「夏嵐 机上の白紙 飛びつくす」 子規の俳句に 想うは香港 | トップページ | 9月2日(月) 来島や 馬島・小島 巡りけり 海洋日本の 秘宝求めて »