« 11月4日(月) 10分間 日韓首脳が 接触だって…? アメリカ向けの パフォーマンスか???? | トップページ | 11月6日(水) 英議会 局面打開の 解散なのだが 万有引力 どこにも見えない »

11月5日(火) アメリカが 「パリ協定」の 離脱を通告! どこへ行くのか ドン・ガバチョさん

Mx4500fn_20191114_173047_002

 トランプ政権が、「パリ協定」から離脱すると、国連に正式に通告。これは、約3年前に行われた大統領選挙中の公約であり、それを現実に実行することによって、公約を守る、実行力あるリーダーというイメージを米国民に与えようとしているものだと思う。
 しかし、世界は、地球温暖化に歯止めをかける方向に大きく動いている。それだけに、アメリカの孤立が、この問題でも鮮明になってきつつある。さらに、次の覇権を狙う中国は、この状況を利用して、自国の国際政治力を強めようとしているようにも見える。
 アメリカは、波間を漂う「ひょっこりひょうたん島」になりつつあるのかもしれない。トランプ大統領は、ドン・ガバチョ大統領である。その漂流の先に、一体何が待っているのか。「何かがきっと待っている」、その何かとは、アメリカにとって何なのだろうかと考えてしまった。

|

« 11月4日(月) 10分間 日韓首脳が 接触だって…? アメリカ向けの パフォーマンスか???? | トップページ | 11月6日(水) 英議会 局面打開の 解散なのだが 万有引力 どこにも見えない »