« 12月8日(日) 「経済学」とは 人の心を 切り捨てて 「学問」にした エ~カッコシーかも…? | トップページ | 12月10日(火) 吉野さん ノーベル賞の 受賞を前に 笑顔がちょっぴり ぎこちなかった…? »

12月9日(月) 2ヶ月余 一体何を していたの? 北風の中に 国会閉会!

Mx4500fn_20191213_160540_003

 今日、第28回臨時国会が閉幕。10月4日に召集され、67日間にわたって開かれてきた。
 しかし振り返ってみると、安倍総理の後援者を数多く招いて、批判された「桜を見る会」問題以外については、残念ながらほとんど何も印象に残っていない。2か月余りにわたって国会が開かれていたのだから、本当ならば、もっといろいろな国政上の議論が記憶に残っているはずである。しかし、それが全くと言っていいほどない。本当に国会が開催されていたのだろうかと思うほどである。
 もう今から100年以上も前のことになるが、旧制一高の学生であった藤村操が、日光の「華厳の滝」で投身自殺をした。その時の遺文「巌頭之感」のキーワードは、「不可解」であった。今、日本の国会も、この「不可解」という言葉を残して、激しい時代潮流の中に投身自殺せんとしているのだろうか…。

|

« 12月8日(日) 「経済学」とは 人の心を 切り捨てて 「学問」にした エ~カッコシーかも…? | トップページ | 12月10日(火) 吉野さん ノーベル賞の 受賞を前に 笑顔がちょっぴり ぎこちなかった…? »