« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

1月31日(金) イギリスの EU離脱に 最後の日… 本部に響くは “螢の光”

Mx4500fn_20200210_135617_002

 イギリスが、この日午後11時に、欧州連合(EU)から正式に離脱。イギリスは、EUで第二位の経済を誇る国であり、また政治的にも大きな影響力を持つ国である。その国が離脱することは、EUにとって大きな打撃となるだろう。一方、イギリスにとっても、展望があるわけでなく、さらに困難な状況に陥ることが予想される。さらに、世界全体にとっても、これから新たな模索が始まることになるだろう。
 この離脱協定案を可決したEU議会では、議員たちが総立ちになって、スコットランド民謡「螢の光」を歌ったという。この曲の原詩は、別れ行く友を惜しみ、古き昔を懐かしみ、「友よ、古き昔のために、親愛のこの一杯を飲み干そうではないか」というものである。まさにEU創設の理想は、古き良きヨーロッパの再現であった。今日は、その理想の終焉への思いが込められた日でもあったのだろうと思う。

|

1月30日(木) 新型ウイルス 人から人へと 感染し 経済・社会も 病となるかも…

Mx4500fn_20200210_135617_001

 この日、厚生労働省が、新型肺炎に感染したバス運転手とガイドについて、武漢への渡航歴はなく、日本国内で「人から人への感染」が疑われると発表。なお、このバスには、武漢からのツアー客が乗っていたというが、それら乗客の中に明らかな発症者がいなかったことから、無症状の人からの感染も疑われるとした。そうなると、日本には多数の中国からの観光客が訪れていることから、それらの人からの感染が広がる可能性が否定できない。そこで、一気に危機感が広がってきている。
 早速、経済面にも大きな影響が生まれてきていて、株価の下落が顕著になってきた。また、観光関係者に不安が広がっている。さらには、中国工場が長期間動かない状況が予想され、国内製造業にも暗雲が広がっている。
 いつしか、このウイルスは、経済や社会にまで、その病気を広げてきているようである。

|

1月29日(水) トランプの 中東和平 切り札と 出したカードは またもやジョーカー!

Mx4500fn_20200204_172222_004

 トランプ大統領が記者会見を行い、自らの「パレスチナ和平案」を明らかにした。この和平案というのは、これまで国際的に長い年月をかけて積み上げてきたものを打ち壊して、イスラエルに一方的に有利なものとなっている。トランプ大統領自身は、この提案を「WIN-WINの解決を可能にするもの」と強調し、「世紀のディール」と自画自賛しているが、ここまで極端な提案では、国際社会も、簡単に承認することはないであろう。
 言うなれば、トランプ大統領が切り札として出したのは、またもや「ジョーカー」の札であった。つまり、「ジョークを語る人」である。もちろん、トランプ大統領は、中東の現状や、自らの選挙状況等を冷徹に判断しての決断だと思う。しかし、こんなことを繰り返しては、後世の人から「ジョーカー大統領」と呼ばれることは必定だと思うのだが、いかがであろうか。

|

1月28日(火) チャーター機 武漢滞在 日本人を 救出せんと 飛び立ちにけり

Mx4500fn_20200204_172222_003

 交通が遮断され、「陸の孤島」と化している武漢市に向けて、日本人を救出するためのチャーター機が、羽田空港を飛び立った。今、武漢市では、生活に必要な物資の買い物以外の目的での外出が禁じられているという。知り合いも少ない日本人にとってみれば、これからの生活や病気感染などに対して、不安感が募っていることだろうと思う。
 このような事態に対して、国家として、邦人救出の対応を行うのは当然のことであり、中国国民の不満爆発を恐れる中国政府との交渉は難航を極めたことが予想されるが、関係者のご労苦に心から敬意を表したい。
 中国という国は、国家的な大問題に対して、「ブラックホール」となってしまう傾向を持つ国である。一切何も見えなくなってしまう。そのブラックホールから、無事にチャーター機が戻ってくることを切に願いたい。

|

1月27日(月) 阪大で iPSの 心臓手術… それを聞かされ 驚く総理!

Mx4500fn_20200204_172222_002

 大阪大学のチームが、iPS細胞を使った心臓手術を行ったことを発表。iPS細胞から作った心臓細胞をシート状にして、重傷の心不全患者に移植したという。この手術の経過は順調だそうだ。これまでのiPS細胞を使う手術は、その後の経過が思わしくない場合に、それを取り除けるような部所に施術してきたが、いよいよ内臓に、しかも最重要臓器とされる心臓に、この治療が施されるようになってきたのかと思うと、感無量であった。
 このニュースを聴いて驚いている人がいた…? 安倍総理である。「シンゾウに手術」って、ひょっとして、「僕のこと?」…と。その総理を睨んでいるのは、iPS細胞研究でノーベル賞を受けた山中伸弥教授。「iPS細胞備蓄予算」が削られそうだと危機感を訴えていたが、ようやくそのiPSの話題がシンゾウ総理にまで届いたか、と言ったとか言わないとか…。

|

1月26日(日) 幕尻の 徳勝龍が 優勝した日 『自己実現』を 学び合ったよ

Mx4500fn_20200204_172222_001

 この日が、大相撲初場所の千秋楽。平幕である徳勝龍が14勝1敗で初優勝し、大きな話題となっている。それは、想定外の優勝であったからである。まず第一に、奈良県出身者としては98年ぶりの優勝力士となったこと。第二には、33歳5か月での初優勝というのは、日本出身力士として最年長優勝であったこと。第三には、徳勝龍は、殊勲賞も敢闘賞も今回初受賞ということで、これまで全く注目されていなかった力士であったということ。そして最後には、何よりも、幕内力士として最下位の「幕尻」力士であったことが、その意外性とともに、大きな話題を呼んだようである。
 私たちは、この日の勉強会で、ナポレオン・ヒル著『自己実現』という本を使って、人間の生き方・考え方を学び合った。人間は、『自己実現』のために生きている、努力している、そんな主張が、心によく響いたのであった。

|

1月25日(土) 本日は “お詫びの日”とか “左遷の日”? 誰が決めたか こんな記念日…

Mx4500fn_20200131_180148_004

 今日1月25日の記念日を調べてみると、「お詫びの日」や「左遷の日」なのだそうである。その謂れはといえば、「お詫びの日」は、1077年のこの日に、教皇グレゴリウス7世に破門されたドイツ皇帝ハインリヒ4世が、教皇がいるカノッサ城の前でお詫びをしたことにちなむものだそうである。一方、「左遷の日」というのは、901年のこの日に、右大臣・菅原道真が、醍醐天皇によって九州大宰府に左遷されたことにちなむものだということである。
 それにしても、こんなことを記念日として、一体誰がそれを祝うのだろうかと、少し腑に落ちない気持ちがある。しかし、俵万智の「サラダ記念日」にしても、「君が『この味がいいね』とサラダを食べた日」だから、その日を「サラダ記念日」と名付けたということだから、要するに印象に残る何かがあったならそれでいいのかな、とそんなことを考えたのであった。

|

1月24日(金) 南海の トラフ地震の 大津波 交通事故より 高い危険度?

Mx4500fn_20200131_180148_003

 政府の地震調査委員会が、将来に発生が懸念される南海トラフ地震について、それが引き起こす津波の確率を公表した。それによれば、この30年以内に、3メートル以上の津波が襲来するだろうと予測されたのが、太平洋沿岸の対象自治体の26%以上にも及んだという。3メートル以上もの津波が押し寄せてくれば、沿岸地域に多大なる被害が予想される。このエリアがかなりの人口集積地域だけに、死傷者もかなりの数にのぼるだろう。
 その危機感を伝えるためであろう、この報告の中で取り上げられたのは、この30年以内に交通事故によって怪我をする確率15%との比較であった。つまり、交通事故で怪我をするよりも、南海トラフ地震の津波によって被害を受ける可能性の方がずっと高いのだと主張しているのである。厳密に言えば、この比較は正確ではないが、面白い表現だと思った。

|

1月23日(木) 新型の コロナウイルスが 暴れ出し 連想したるは 「武昌」の蜂起…

Mx4500fn_20200131_180148_002

 中国の武漢市を中心に発生している「新型コロナウイルス」の感染拡大が止まらない。
 今日は、中国政府が、その拡散を防ぐために、武漢市やその周辺地域の交通を遮断する措置に踏み切った。空港は閉鎖され、高速鉄道や自動車などの交通も厳しく制限されているという。しかし、武漢市は約1,100万人もの人口で、今回の春節休暇をふるさとや海外など、他の土地で過ごそうと、すでに300万人以上の市民たちが武漢市の外に出ていることから、その効果を疑問視する人たちもいる。
 私が、武漢市と聞いて連想したのは、中国の辛亥革命の発端となった「武昌の蜂起」であった。この地での戦いで革命軍が勝利を収めたことから、革命運動が中国全土に広がってゆき、清王朝を崩壊に至らせたのであった。
 今回の問題も、中国政権にとって重大な問題となりつつあることは確かである。

|

1月22日(水) 国会の 論戦始まる キラキラの 言葉空しき 万華鏡かな

Mx4500fn_20200131_180148_001

 安倍総理の施政方針演説を受けて、衆院で代表質問が始まった。この日大きく取り上げられたのは、自衛隊の中東派遣に関わる問題や安倍首相の「桜を見る会」問題、また、前閣僚の収賄問題や公職選挙法違反問題、さらには、安倍首相がこれから精力的に取り組みたいとする憲法改正問題などであった。
 そのやり取りは、総じて、野党側質問に、尖った言葉がとても多かったという印象であった。これは、政権追及が野党の役割であるから、少しでもインパクトの強い言葉を選び、厳しく追及する姿勢を示したのであろう。しかし、それらの言葉は、残念ながら、国民の心と響き合い噛み合っているとは思えなかった。
 言うならば、「万華鏡」のようなものである。一瞬目を奪われるが、それはあっという間に形を変えて消えていく。そんな空しさを、野党代表質問に感じ取ったのであった。

|

1月21日(火) 環境が メインテーマ(?)の ダボスの会議 どういうわけか 迫力がない…

Mx4500fn_20200130_130220_004

 世界各国の首脳や経営者たちが一堂に集まる国際会議として知られる「ダボス会議」が開幕。24日までがその会期。今回のテーマは、「ステークホルダーが作る持続可能で結束した世界」なのだそうだ。異常気象が頻発する中で、地球温暖化問題にいかに対応するかという問題や、人工知能やIoTなどの技術革新問題などが主要議題となる予定。
 しかし例年に比べて、メディアも、ダボス会議に対する関心が少し弱い印象である。それは、今、多くの人たちが関心を持っているテーマが、目先の経済の動きや紛争地の今後の動向であるのに対して、「地球環境問題」がメインテーマだと言われても、それにどのようにモノサシを当ててやれば良いのか、戸惑うところがあるからではなかろうか。
 現代社会の基本問題の一つが、このモノサシの不適合にあるという気がしたのだった。

|

1月20日(月) 国会が 開会した日 和歌山じゃ 水動脈の 開腹手術?

Mx4500fn_20200130_130220_003

 第201通常国会が召集され、安倍首相の施政方針演説など、政府四演説が行われた。これから150日にわたる長い国会がスタートする。国の内外に数多くの難題が山積する中で、「長い目で、総合的に、そして根本的に」、これら課題を議論する国会であってほしいと願う。が、現実はといえば、目先の問題を、一面的に、そして上っ面だけを撫でるような議論ばかりが横行している、逆向きの国会…。
 この日は、和歌山市内の水道管から漏水があるとして、3日間にわたる断水が予告されていたが、掘ってみると、細い配水管での漏水と判明したことで、断水は中止となった。それはそれで良かったのであるが、法定耐用年数40年を超える配水管が、日本国内にはずいぶん多くあるという。だから、この目先の解決で問題が終わったわけではない。抜本塞源的解決が、ここでも求められていると思った。

|

1月19日(日) “人生に 起きる全てに 意味がある!” それを示すは 「シンクロニシティ」

Mx4500fn_20200130_130220_002

 「幸福思想研究会」で取り上げたのは、アドリエンヌ著『人生の意味』という本であった。
 この本の中で著者は、自分の人生を振り返りながら、色々な偶然の巡り合わせの中で、その道が切り開かれてきたことを述べ、いかに苦しいことや辛いことであったとしても、それら全てに何らかの意味があったに違いないと主張するのである。そしてそれらが大きな意志によって引き起こされてきたものだと受け止め、その出来事の意味を自らがきちんと認識し、自らがその「大きな意志の指し示す方向」に向けて力を尽くして生き抜いていくことの重要性を語っているのである。
 要するに、様々な偶然の出会いや出来事を、自らの「人生の意味」に基づく設計図に従って、それらを繋ぎ合わせて、その意味を体現する人生を作り上げていこうではないかと、著者は、語りかけているのであった。

|

1月18日(土) “共通一次” “センター試験” “共通テスト”… 諸行無常の 世の中なれど…

Mx4500fn_20200130_130220_001

 今日、全国で「大学入試センター試験」が始まった。全国の国公立大学のみならず、私立大学も、この試験結果を、各大学の入学試験に反映させるという重要なテストである。
 それにしても、気がかりなのは、当初は「共通第一次学力試験」と呼ばれたものが、「大学入試センター試験」に変わり、さらに来年からは「大学入学共通テスト」へと、次々に名称が変更していることである。当然、世の中の変化に対応して、大学教育のあり方も変えざるを得ず、その入学試験も変わっていかざるを得ない。しかしそれだからといって、名称まで変更する必要があるのだろうか、というのが率直な私の思い。かつて、政治改革が叫ばれた時代に、政党名を変えることが流行したことがあった。その時に「自民党」と「共産党」は、その名称を変更しなかった。私には、その判断の方が正しかったように思うのだが…。

|

1月17日(金) 震災後 四半世紀に 気懸りは 財政に潜む 大型断層!

Mx4500fn_20200124_130048_004

 今日は、阪神淡路大震災が発生した日。25年目となる。今日の新聞によれば、この大地震による被害総額は、約10兆円にも及んだのだそうである。そして、日本経済の大黒柱であるこのエリアの経済が一時大きく落ち込んだものの、その後、新産業育成の努力がだんだんと実を結ぶようになり、今では例えば、神戸港でのコンテナ取扱数は、震災前を超え、過去最高になっているのだそうである。
 ちょうどこの日には、経済財政諮問会議において、国と地方を合わせた基礎的財政収支が、当初赤字を脱却するとされた2025年度にも、なお3.6兆円程度の赤字が残るとする試算値が発表された。既に累積赤字が膨大な金額であり、世代間地層には相当大きなストレスが溜まりこんできている。今度は、このストレスが、日本列島に大地震を引き起こすのではないかと、私には案じられたのであった。

|

1月16日(木) 初春の 令和2年の 歌会始… お題の「望」は 「遠くを見る」意味!

Mx4500fn_20200124_130048_003

 新天皇の下で「歌会始の儀」が行われ、今年のお題「望」を詠み込んだ歌が披露された。
 天皇陛下が詠まれた歌は、「学舎に ひびかふ子らの 弾む声 さやけくあれと ひたすら望む」。そして、皇后陛下が詠まれた歌は、「災ひより 立ち上がらむと する人に 若きらの力 希望もたらす」。
 ともに、今、目の前にある様々な困難を乗り越えて、遠い未来をしっかりと見据えて、力強く生きていってほしい、という願いが強く織り込まれた歌であると思う。
 そもそも「望」の漢字は、「できるだけ遠くを見ようと背伸びする人が、大きな目で月を見つめる」というのが、語源である。確かに、遠いところを眺めているとき、生理的にも心が穏やかになる気がする。私自身も、今年は、遠いところをしっかと眺める気持ちで、毎日の営みを行っていきたいものだと思った。

|

1月15日(水) 日米の 安保改定 60年! アライアンスを 確かめ合ったが…

Mx4500fn_20200124_130048_002

 この日、シリコンバレーでは日米外相会談、ワシントンでは日米防衛相会談が開催され、「強固な同盟関係」を確認し合ったという。
 今年は、日米安全保障条約が改定された記念年である。その署名が行われたのが、1960年1月19日であったから、4日後にその60年目の日を迎える。その新安保条約の内容は、引き続きアメリカ軍の日本駐留を認める代わりに、アメリカの日本防衛義務を明確にした点にある。しかし、日本は、日本国憲法の規定によって、アメリカが軍事的攻撃を受けた場合にも、自衛隊がその戦闘に参戦することは許されないという「片務的条約」であることが、折に触れて問題視されている。
 「同盟」の英語訳は「ALLIANCE」である。これは「対等なパートナー関係」を意味するが、実際には、そうなってはいない。この問題は、今年の大きな政治課題ともなりそうである。

|

1月14日(火) 文大統領が 記者会見で 語りしは 「韓国こそが 世界の中心」?

Mx4500fn_20200124_130048_001

 韓国の文在寅・大統領が記者会見し、今年の抱負を語った。その主な内容としては、膠着する南北関係について、米朝対話を見守ることに加え、南北間の交渉で可能なことは最大限のことを行うとした。また、深刻な経済問題に関しては、今、輸出に好転の兆しが見られ、先行きを悲観してはいないと表明。また対日関係に関しては、日本側に解決策の提示を求めるなど、相変わらず強気の発言であった。
 政治家というのは、いかなる事態に対しても楽観的な考え方を持ち続けることが必要だと私も思う。しかし、文在寅大統領の場合は、自らの正当性をあまりにも強調しすぎて、「お互い様」と相手を配慮し譲り合う姿勢が少し欠如しているのではないだろうか。いつも自分が世界の中心だと言っていては、「それならお勝手に」と言われて、周りから無視されるだけではないかと気がかりである。

|

1月13日(月) 「成人の日」に 人に成らんと する人たちと 新年祝う 人間論ゼミ

Mx4500fn_20200121_135250_003

 引き続いて今日は、毎年恒例の「岡山人間論ゼミ・新年勉強会・交流会」。今年も、参加者約50名。
 今回も、最初に私から、約1時間のお話をさせていただいた。そこで取り上げたのが、「幸福とは何か」という問題。目の前で激しく動く時代の中で、本質を大きく広く根源的に捉える必要性、そしてそれを具体的に自分の人生に活かしていく工夫が重要であることをお話しさせていただいた。そしてその後は、酒食を交えての自由闊達な交流会。
 今日は、「成人の日」である。「人に成らんとする人たちを祝福する日」である。そして、「人に成る」ためには、よく学び、そして自らがよく考えねばならないと思う。新年に、そのような基本的な心構えを確かめようというのが、この「新年勉強会・交流会」の意義であろうか。それにしては、参加者に、若者が少なかったことが残念であった…。

|

1月12日(日) 金でなく 権力でもなく 人々に 清々しさを 残せし人々

Mx4500fn_20200121_135250_002

 1月の「人間論ゼミ」。テーマは、「月尾嘉男先生が取り上げた23人の清々しき人々」。
 このテーマを設定したのは、月尾先生から以前に一冊の本をプレゼントしていただいたことからであった。その本というのは、先生が、月刊新聞『モルゲン』にずっと連載してきた「清々しき人々」の文章を、本の形に取りまとめたものであった。23人が取り上げられ、その人生や実績、思想などが紹介されているのであるが、その中で、私の心に特に強く響いた人は、ヘンリー・ダイアー、本多静六、濱口梧陵などであった…。
 今の時代は、お金をたくさん持つことや権力の座に就くことが成功だと考える人が多いが、この本を読んでいると、人生にはもっと大切なことがあるという気がしてくる。
 それは、その「人生そのものの輝き」を後世の人たちに残すことではないだろうか。

|

1月11日(土) 米中の 覇権争い よく見れば オセロゲームに よく似てるかも…

Mx4500fn_20200213_231531_005

 台湾の総統選挙と立法委員選挙が行われ、即日の開票。その結果、注目された総統選挙において、蔡英文総統が再選を果たした。しかも、その得票数が800万票を超えて、1996年以降の直接総統選挙での最高得票を得た。しかも、立法委員選挙においても、蔡総統の与党・民主進歩党が過半数を得て、安定的な政権運営ができる態勢が続くこととなった。
 この選挙は、米中の代理戦争という意味合いも帯びていたと思う。国際政治において力を伸ばす中国が、ここで一気に台湾も呑み込もうとしたのに対し、アメリカは、それを阻止する橋頭堡として台湾を考えていたようだ。
 オセロゲームで例えれば、台湾は、米中勝負の一つの「隅」であり、これが中国に奪われたならば、一気に連鎖が起こり、中国が優位に立つことにもなりかねなかった。今回は、そんな選挙ではなかっただろうかと、私は思う。

|

1月10日(金) テヘランで 突如墜落 民間機… その原因とは イランのミサイル?

Mx4500fn_20200115_170513_004

 この8日に起きたウクライナ機墜落事故について、アメリカやカナダ、ウクライナなどが、「イランが保有するロシア製の防空システム、SA-15から発射されたミサイル2発が、ウクライナ機を撃墜した可能性が高い」と発表。それに対して、イランは、「そのようなことはありえない」と強く否定しているが、アメリカ軍などは、確かな証拠がある、としている。
 この事故が発生したのは、イランがイラク内のアメリカ軍基地を弾道ミサイルで攻撃した5時間後のことで、イラン軍は、アメリカ軍の反撃に備えて警戒態勢に入っていた時。そこで何らかの問題や誤解が発生して、この撃墜に至ったのではないかというのである。
 撃墜された機体は、アメリカ製のB737型機であったという。まさか「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と、「アメリカ製航空機」を撃墜したわけではないと思うが…。

|

1月9日(木) 気象庁 研究グループ 発表は 台風被害の 今後増大!

Mx4500fn_20200115_170513_003

 気象庁や気象研究所などのグループが、「これからも地球温暖化が進むと、日本付近を通過する台風の速度は今より約10%遅くなり、台風の被害も増大する」という予測を発表。これは、21世紀末頃に地球の平均気温が今より3度上昇すると想定した上での計算結果なのだそうだ。台風速度が遅くなる理由は、気温上昇に伴って偏西風の流れが北方に押しやられるからであり、東京周辺での偏西風の風速は4キロほど遅くなるのだそうだ。
 気象現象に関するシミュレーション結果は、比較的よく当たるようになってきていると思う。近年の台風進路予測なども、ほぼ正確である。問題は、ならばその予測に対して、具体的にどう対処していくかということである。
 これには政治の大きな決断が必要とされるだろう。ただそこまでは、スーパーコンピューターも、よく予測し得ないことである…。

|

1月8日(水) 注目の ゴーン氏会見 印象は 泰山鳴動 ネズミ一匹…

Mx4500fn_20200115_170513_002

 この日の夜、日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が、今滞在しているレバノンで記者会見。「日本の検察や日産の経営陣によって組織化された恥知らずで根拠の無い攻撃」を受けてきたと、「口八丁手八丁」のパフォーマンスで語り、自身の「無罪」を強く主張した。
 しかし、日本国内での受け止めは、ゴーン被告に対して厳しいものが多かった。自らの無実を主張するのならば、それは裁判が行われている日本で主張すべきものであって、外国に違法に逃亡して、そこで批判を展開するのは筋違いではないか、とする意見が多かった。また、人々が聞きたい内容についてはほとんど説明をせず、ただ自分が正しいとする主張だけを展開した印象であったことに、肩透かしを食った印象の人も多かったようだ。
 「泰山鳴動してネズミ一匹」という記者会見は、ゴーン被告にとってプラスだったのか。

|

1月7日(火) 新年の 経済団体 祝賀会! 混沌世界に 困惑の声…

Mx4500fn_20200115_170513_001

 日本の主な経済団体が、東京都内で、恒例の新年祝賀会を開催。そこに参加した日本を代表する企業のトップたちが、新年の抱負などを語っていた。その声は、混迷する世界情勢に対して、一様に厳しい認識を示しつつも、その中に知恵と力を奮って、活路を切り開いていきたいとする意欲に溢れていた。
 ただ、先を見通せない不安感は、どうしても拭い落とせない印象。年初に起きたアメリカ軍によるイラン軍司令官の殺害事件をきっかけにする中東情勢の不透明感、また米中貿易摩擦の先行きへの懸念などが、経済界全体に大きく暗雲を垂れている感じであった。
 今年も、これから想定外の様々なことが起きてくるだろう。不安感を胸に抱かない経営者というのはいないだろう。しかし、その不安感の中から、新しい可能性をぜひ切り開いていってほしいものだと考えた次第である。

|

1月6日(月) 休み明け 一気に世の中 動き出し 戦闘モードの 声あふれけり

Mx4500fn_20200111_163003_004_20200113115001

 多くの企業などで、年末年始の長期休暇が終わり、日本列島全体が一斉に動き始めた。そして、一気に戦闘モード突入である。
 確かに、これまでも述べてきたように、社会の常識は時とともに崩れ、人々の意識もバラバラになってきている。5Gの通信端末やAI、自動運転車などがこれから次々に実用化して、社会を、私たちが使う道具の面から大きく揺り動かしていくことになるだろう。変化の速度が速すぎて、先行きが見えにくい時代になってきた。日本最大の企業とされるトヨタ自動車でさえ、この変化の大波をうまく乗り切れなければ、企業倒産もありうると、豊田社長自身が、危機感をあらわにしている。
 そんな時代であるだけに、感覚を研ぎすませ、考え抜いて、新しい時代を構想していかねばならない時代である。心して、この新しい年に立ち向かっていきたい。

|

1月5日(日) 年初め 勉強会では 「宇宙論」! “着眼大局 着手小局” かな…

Mx4500fn_20200111_163003_003

 若葉書院での勉強会も、今日から新年の活動をスタート。テーマは、「『現代の宇宙論』から令和2年を考える」という壮大なもの。新年を迎えて、まずは壮大な気持ちで活動を始めたいと考えてのテーマ設定であった。
 「宇宙論」は、古来から多くの人々の関心事であった。そしてその宇宙観が、人類文明を大きく転換させる原動力になってきたことも事実。かつては、星々の観測結果から、それに整合する宇宙の原理を追い求めてきたが、アインシュタインが相対性理論を発表して以降は、それが逆転して、まずは研究者の頭の中で数理的に宇宙の原理を追い求め、それを後で観測結果によって実証するという研究手法に変わってきているようである。
 それはともかくとして、私たちに求められるのは、「着眼大局! 着手小局!」である。そんな気持ちで、今年の活動も始めたい。

|

1月4日(土) Uターン ラッシュがピークと 報じられ 列島全体 準備体操!

Mx4500fn_20200111_163003_002

 仕事始めを二日後に控え、「Uターンラッシュ」がピークだと報じられている。ニュース画面上には、この正月休みに過ごした楽しい時間を語る人々、これから新たに始まる仕事の希望を語る人々、そして、休みが終わることを惜しむ人々、様々な人たちが次々に登場して、それぞれの思いを語っていた。
 ニュース報道でも、この一週間は、ゴーン氏の日本脱出逃亡問題やイランの司令官殺害問題などが大きく取り上げられていたが、国内の政治問題や経済問題、社会問題などはあまり報じられず、日本社会全体が穏やかな年末年始を過ごしたようである。しかし、この休みが終われば、日本社会全体が再び厳しい競争社会に戻っていく。そこでまずは、今日から準備体操ということであろう。
 列島全体に、「ラジオ体操第一」のピアノ演奏と掛け声とが鳴り響いている気がした。

|

1月3日(金) 米軍が 殺害!イランの 司令官 アァ 今年も世界は 穏やかじゃない…

Mx4500fn_20200111_163003_001

 新年早々に、耳目を驚かせる事件が発生。アメリカ軍が、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を空爆で殺害したのであった。これは、トランプ大統領自身が決断して決行された攻撃であり、ソレイマニ司令官が中東各地でアメリカ軍やアメリカ人を攻撃し殺害する計画を持っていたのを未然に防ぐ意味合いがあったということである。そこで、トランプ大統領は、この攻撃を「海外のアメリカ人を守るための自衛措置」だと、正当化した。
 これに対して、イラン国内は猛反発しているようである。いつものことではあるが、「アメリカに死を!」と叫ぶ抗議活動が各地で行われている。そして、最高指導者ハメネイ師も、厳しい報復を宣言したという。
 今年も、大荒れの年初である。一体これから先、どんな世の中になっていくのだろうかと、案じられてならない。

|

1月2日(木) 代替わりした 主役の下での 一般参賀… 上皇夫妻に 我が身重ねり

Mx4500fn_20200110_134942_004

 新しい天皇陛下にとって、昨年5月に皇位継承して初の「新年一般参賀」。今回は、両陛下に並び、上皇ご夫妻も出席し、参賀に訪れた方々に対して、ともに新年を祝われた。天皇家皆さま方が揃って参賀に列席しておられる姿に、多くの方々が安堵の思いを抱かれたのではなかっただろうか。ただ正直なところ、天皇・皇后両陛下よりも、上皇ご夫妻のご様子に目移りがしてしまった。
 「天皇家」は、長い間、日本の国体を担ってこられた「大きないのち」である。それが、新しい天皇に次々に引き継がれていくという形で継続してきたものだということを、この日、改めて考えさせられた。
 私自身にとっても、自分が生きてきた「いのち」を、これからどのように次の世代の人たちに引き継いでいくことができるだろうかと考えざるを得なかったのであった。

|

1月1日(水) 元日は 若葉書院で 「祈りの日」! 令和2年の 誓願なせり!

Mx4500fn_20200110_134942_003

 令和2年の元日。穏やかな日であった。
 私は少し前から、月初めの日には、若葉書院で静かな時間を過ごすこととしていたので、今日、新しい年を迎えて、早速、若葉書院に駆けつけ、この「祈りの日」を過ごした。その道中では、新宮の「熊野神社」に初詣。
 若葉書院では、これからの一年間に思いを巡らせた。特に、世界が混迷を極める中で、新しい文明社会の姿を描き出すことを今年の大きな課題として掲げようと考えていたので、若葉書院とその周辺地にある数多くの「考え事を行う上での依り代」を訪ね歩きながら、そこで思いを深め、祈りを捧げた。
 今年は、この若葉書院に併設している「人間の森文明研究所」を本格的に動かし始めたいと思う。未知の領域での思索作業を行う中から、「人類の幸福な文明社会」を夢見る年にしていきたいと思う。

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »