« 1月9日(木) 気象庁 研究グループ 発表は 台風被害の 今後増大! | トップページ | 1月11日(土) 米中の 覇権争い よく見れば オセロゲームに よく似てるかも… »

1月10日(金) テヘランで 突如墜落 民間機… その原因とは イランのミサイル?

Mx4500fn_20200115_170513_004

 この8日に起きたウクライナ機墜落事故について、アメリカやカナダ、ウクライナなどが、「イランが保有するロシア製の防空システム、SA-15から発射されたミサイル2発が、ウクライナ機を撃墜した可能性が高い」と発表。それに対して、イランは、「そのようなことはありえない」と強く否定しているが、アメリカ軍などは、確かな証拠がある、としている。
 この事故が発生したのは、イランがイラク内のアメリカ軍基地を弾道ミサイルで攻撃した5時間後のことで、イラン軍は、アメリカ軍の反撃に備えて警戒態勢に入っていた時。そこで何らかの問題や誤解が発生して、この撃墜に至ったのではないかというのである。
 撃墜された機体は、アメリカ製のB737型機であったという。まさか「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と、「アメリカ製航空機」を撃墜したわけではないと思うが…。

|

« 1月9日(木) 気象庁 研究グループ 発表は 台風被害の 今後増大! | トップページ | 1月11日(土) 米中の 覇権争い よく見れば オセロゲームに よく似てるかも… »