« 1月15日(水) 日米の 安保改定 60年! アライアンスを 確かめ合ったが… | トップページ | 1月17日(金) 震災後 四半世紀に 気懸りは 財政に潜む 大型断層! »

1月16日(木) 初春の 令和2年の 歌会始… お題の「望」は 「遠くを見る」意味!

Mx4500fn_20200124_130048_003

 新天皇の下で「歌会始の儀」が行われ、今年のお題「望」を詠み込んだ歌が披露された。
 天皇陛下が詠まれた歌は、「学舎に ひびかふ子らの 弾む声 さやけくあれと ひたすら望む」。そして、皇后陛下が詠まれた歌は、「災ひより 立ち上がらむと する人に 若きらの力 希望もたらす」。
 ともに、今、目の前にある様々な困難を乗り越えて、遠い未来をしっかりと見据えて、力強く生きていってほしい、という願いが強く織り込まれた歌であると思う。
 そもそも「望」の漢字は、「できるだけ遠くを見ようと背伸びする人が、大きな目で月を見つめる」というのが、語源である。確かに、遠いところを眺めているとき、生理的にも心が穏やかになる気がする。私自身も、今年は、遠いところをしっかと眺める気持ちで、毎日の営みを行っていきたいものだと思った。

|

« 1月15日(水) 日米の 安保改定 60年! アライアンスを 確かめ合ったが… | トップページ | 1月17日(金) 震災後 四半世紀に 気懸りは 財政に潜む 大型断層! »