« 2月15日(土) “従来と 状況異なる” 感染症 新型ウイルスは “未知との遭遇”! | トップページ | 2月17日(月) オリパラの 大会モットー “感動で 一つになる”を 笑うはウイルス »

2月16日(日) 「快楽」か 「欲求実現」 「客観リスト」 グーチョキパーの 「幸福哲学」

Mx4500fn_20200229_230411_002

 今日の「幸福思想研究会」で取り上げたのは、森村進著『幸福とは何か』という本であった。「幸福」の問題を、宗教の力を借りずに、純粋に哲学的に論じていこうとしている本であった。文章自身は読みやすいものであったが、その論理の流れは難解であった。そこで、他の文章なども使って、勉強会を行った。
 この本では、基本的に三つの幸福思想を紹介していた。自分の心が喜ぶことを重視する「快楽説」、自らが設定した目標(欲求)を達成することで幸福が得られるとする「欲求実現説」、そして、人間に共通する客観的な幸福リストがあるとする「客観リスト説」である。
 私は、これら三つの「幸福思想」には、それぞれの得手不得手があり、それらを相互補完的に用いながら、「幸福」を論ずるのが好ましいと感じた。つまり「グーチョキパーの幸福哲学」とでも呼べばいいのかもしれない…。

|

« 2月15日(土) “従来と 状況異なる” 感染症 新型ウイルスは “未知との遭遇”! | トップページ | 2月17日(月) オリパラの 大会モットー “感動で 一つになる”を 笑うはウイルス »