« 3月16日(月) 生命の 尊厳破壊の 植松被告に 地裁が下すは 死刑判決! | トップページ | 3月18日(水) 森友文書 改ざん官僚 自殺して 妻が仇討ち? 賠償請求! »

3月17日(火) 世界中 株式市場が 干上がって 今度はどこに 豪雨災害…

Mx4500fn_20200324_124445_004

 世界経済の変調がますます加速している。世界各地の株式市場では、株価の異常な下落が続き、さらに原油価格などの原材料の市場価格も暴落と言っていいような下がり方である。世界の株式時価総額は、先週一週間で約10兆ドル(約1,080兆円)も減少したという。
 もちろん、それでお金自身が消えたわけではない。株式市場からそれだけのお金が蒸発して、それが金融市場において、巨大な積乱雲を形成してきていると考えるべきである。問題は、その積乱雲に溜め込まれた水分(お金)が、これから先、どこに大雨を降らすかということである。株式市場に戻って来れば、それだけの水量を受け入れる余地があるが、それ以外の市場にお金が流れた場合、そこにひどいバブル現象を引き起こすはずである。それが新たな災害を引き起こす。そんなことも考えねばならない状況のようである。

|

« 3月16日(月) 生命の 尊厳破壊の 植松被告に 地裁が下すは 死刑判決! | トップページ | 3月18日(水) 森友文書 改ざん官僚 自殺して 妻が仇討ち? 賠償請求! »