« 2月29日(土) タリバンと 和平合意の 米政府! 独裁権力 腕伸ばし合い… | トップページ | 3月2日(月) 「国民の 三大義務」たる 教育までも ウイルスに攻められ 変質せるか? »

3月1日(日) “無気力”や “無関心”など 「三無主義」を いかに倒すか “無観客”でも…

Mx4500fn_20200313_133126_001

 大阪で開催される大相撲春場所を一週間後に控えて、今日、日本相撲協会の臨時理事会が開かれ、新型コロナウイルスの感染防止対策について議論を行ったという。そしてその結果、この春場所については、会場に観客を入れない「無観客開催」とすることを決定。これは極めて異例の判断で、大相撲の長い歴史でも初めてのこととなるのだそうである。
 さしずめ今回の場所で、力士たちや相撲協会が戦わねばならない相手は、「三無主義」になるかもしれない。「無気力」「無関心」「無責任」である。観客がいないとなれば、力士たちは、気力に欠けるかもしれない。相撲ファンは、いきおい関心を弱めてしまうかもしれない。そして、相撲協会自身も、観客がいないと、つい気が緩んで無責任となるかもしれない。もちろん、これは勝手な想像であって、現実にはそうならないことを願いたいと思う。

|

« 2月29日(土) タリバンと 和平合意の 米政府! 独裁権力 腕伸ばし合い… | トップページ | 3月2日(月) 「国民の 三大義務」たる 教育までも ウイルスに攻められ 変質せるか? »