« 3月28日(土) アメリカじゃ 2兆ドルもの 経済対策 国家財政 吹き飛ばすかも… | トップページ | 3月30日(月) 志村けん 逝去と聞きて 多くの人が ウイルス拡散 我が事と知る »

3月29日(日) この時代 こころを育む 足場の揺らぎ! 「老」と「死」への 確信持てず…

Mx4500fn_20200404_124112_004

 「人間哲理研究会」。今回は、山折哲雄著『いま、こころを育むとは』を取り上げた。
 山折氏は、今の時代は、自分の人生に対する確信を持てない、つまり「こころを育む」足場を持ちにくい時代であると問題提起し、その理由として、二つの点を取り上げている。
 その一つは、人の寿命が大きく延び、食べるために懸命に働いた後に残される、死までの長い時間をどう生きるかという点に、混乱が生まれているからだというのである。
 それからもう一つは、宗教心が社会全体で薄らぎ、死後の世界に対する確信が持てなくなってきたことが原因だというのである。
 つまり、人生の最後のゴールが決まらないままに、青年期や壮年期の舞台を演じているようなものであり、その頼りなさが、人の心を育むことを妨げているという議論であると、私は納得したのであった。

|

« 3月28日(土) アメリカじゃ 2兆ドルもの 経済対策 国家財政 吹き飛ばすかも… | トップページ | 3月30日(月) 志村けん 逝去と聞きて 多くの人が ウイルス拡散 我が事と知る »