« 4月18日(土) 国内の 感染者数が 一万人に! “万人受け”なる 言葉もあるが… | トップページ | 4月20日(月) 日本人 一人あたりが 40万円! 補正予算が 閣議決定! »

4月19日(日) 仏教の 教えというは 生命が 喜び覚える 生き方なのか…

Mx4500fn_20200430_135153_002

 今月の「幸福思想研究会」では、スリランカ仏教界の長老・アルボムッレ・スマナサーラ氏の著書『ブッダの幸福論』を取り上げて、参加者と、この問題について語り合った。
 著者は語る。ブッダは、万人すべての幸福を願っていたのであるから、ほんの一部の人たちだけが幸運に恵まれるようなことを「幸福」とは呼ばないのだと。それならば何を「幸福」と考えるかといえば、「あまねく生命への貢献をより大きくする」生き方こそがその答えであり、そのためにこそ、一人ひとりがしっかりと生き、他の生命も粗末に扱わないことを教える戒律などの教えがあるのだ、と主張するのである。それに従えば、自らの生命が喜びを覚え、それこそが幸福を生むのだと。
 そんな人生のコツは、「楽に生きる」ことではなく、「楽しく生きる」ことだ、と語っていたことが、特に印象的であった。

|

« 4月18日(土) 国内の 感染者数が 一万人に! “万人受け”なる 言葉もあるが… | トップページ | 4月20日(月) 日本人 一人あたりが 40万円! 補正予算が 閣議決定! »