« 5月31日(日) 「死」というは 「神」の問題? 「人」のこと? 死んだ後には 何が残るの? | トップページ | 6月2日(火) 感染者 増加傾向 見られると 制限解除の 直後にアラート »

6月1日(月) コロナ明け 子規博物館を 訪ねたが 俳人たちの 中での孤独…

501

 今日は、「緊急事態宣言」が解除されてはじめての月曜日ということもあって、日本各地の公共施設や観光施設などが一斉に再開された。長かった自粛生活も、ようやくこれで終わり、という気分が、各地にあふれている。
 そのような中、私も、久々に松山市に出掛けた。一番の目的は、少し前にお亡くなりになった加戸守行・前愛媛県知事の墓参りを行うことであった。この墓前で、加戸さんのお人柄や生き様に、しばし思いを巡らせた。
 そしてその後、「子規記念博物館」を訪れて、常設展示と「内藤鳴雪・特別展」を見学。
 ところがこれが全くの「貸切博物館」。見学者は、私一人。展示を観ていると、ここに展示されている数多くの俳人たちから、「こいつは何者だ」と見つめられているような気もしてきた。…「大衆ならぬ、俳人たちの中での孤独」を味わったのであった。ハテ?

|

« 5月31日(日) 「死」というは 「神」の問題? 「人」のこと? 死んだ後には 何が残るの? | トップページ | 6月2日(火) 感染者 増加傾向 見られると 制限解除の 直後にアラート »