« 6月20日(土) 中国の 「経済接点・香港」は もう用済みと 中国政府?? | トップページ | 6月22日(月) スパコンの 富嶽がトップと 報ぜられし日・・・ 韓半島では 風船ビラかい? »

6月21日(日) 逝くものは かくの如きか・・・ 移ろえる 世が求むるは 「自己革新」なり 

621
 「幸福思想研究会」を開催。今回のテーマは、「ジョン・W・ガードナー著『自己革新』を読む」。
 著者のガードナー氏は、著者紹介によると、「20世紀後半のアメリカを代表する知識人であり、高い道徳心を持つ社会変革のリーダーとして多くの人々に影響を与えた」とある。自らがNPO法人を率いると同時に、スタンフォード大学などで教鞭もとった。ジョンソン政権においては、「保健教育福祉長官」に就任をし、アメリカの新時代を切り開く上に大きな貢献を行った。
 そんな著者が強調しているのが、時代は常に変化し続けているのであるから、それに対応して、まずは自己変革を遂げねばならないということである。そしてそれによってこそ、自らの人生を充実することもできれば、社会に対して大きな貢献も為せるというのである。ふと連想したのが、川の畔に立つ孔子。川の水は、常に昼夜を問わず流れ続ける、と語った言葉である。そんな気構えで、私たちも、生きていかねばならないと思った。

|

« 6月20日(土) 中国の 「経済接点・香港」は もう用済みと 中国政府?? | トップページ | 6月22日(月) スパコンの 富嶽がトップと 報ぜられし日・・・ 韓半島では 風船ビラかい? »